HOMEたい肥情報堆肥についての意向調査やアンケート調査家畜堆肥についてのアンケート結果

家畜堆肥についてのアンケート調査結果

岡山県良質堆きゅう肥利用促進協議会

実施日 : 平成12年11月25,26日(土・日)
場  所 : コンベックス岡山(フラワーフェスティバル・米祭り)

1. アンケート対象者(100人)

性  別 女性 63人、男性 37人
年  代 50代 36%、60代 33%、その他 31%
職  業 主婦 36%、会社員 31%、その他 33%
住  所 岡山市 41%、倉敷市41%、その他 18%

2. アンケート結果

1) 堆肥の種類別認知度 (複数回答可)

No. 実 数
@ 鶏ふん 87
A 牛ふん 79
B 落ち葉堆肥 63
C バーク堆肥 52
D 生ゴミ堆肥 52
E 混合ふん 19
F 豚ふん 17
G その他 1
合  計 370

 堆肥の種類では、「鶏ふん」が一番よく知られており、次いで、「牛ふん」、「落ち葉堆肥」となっている。

2) 堆肥の購入・利用状況

利用したことがある 85
利用したことがない 13
回答無し 2
合  計 100

 「堆肥を利用したことがある」は、85%であり大半の人が、利用している。

3) 堆肥の用途別利用状況 (複数回答可)

No. パーセント 実 数
@家庭菜園 29.7 60
A花壇 21.8 44
B野菜 14.9 30
C庭木 12.4 25
D鉢物 11.4 23
E果樹 7.4 15
F家庭果樹園 1.5 3
G水稲 1.0 2
Hその他 0 0
合  計 100 202

 堆肥の利用目的では、「家庭菜園」が多く、次いで「花壇」、「野菜」の順となっている。

4)堆肥の種類別利用状況(複数回答可)

No. パーセント 実 数
@鶏ふん 30.9 67
A牛ふん 19.8 43
B落ち葉堆肥 18.9 41
Cバーク堆肥 16.1 35
D生ゴミ堆肥 8.3 18
E混合ふん 6.0 13
F豚ふん 0 0
Gその他 0 0
合  計 100 217

 よく利用されている堆肥は、「鶏ふん」で次いで「牛ふん」、「落ち葉堆肥」の順となっており、堆肥の認知度と同じ順位となっている。 

5)堆肥の購入理由(複数回答可)

No. パーセント 実 数
@土づくりになる 38.2 68
A環境によい 23.0 41
B化学肥料より安全 23.0 41
C農産物の品質が良くなる 12.9 23
D散布しやすい 2.8 5
Eその他 0.0 0
合  計 100 178

 堆肥を利用する理由としては、「土づくり」が約4割と一番多く、次いで「環境によい」、「化学肥料より安全」となっており、安全で環境に優しい土づくりができると考えている人が約8割となっている。

6)年間購入回数

No. パーセント 実 数
@ 2,3ヶ月1回 45.2 38
A 半年1回 23.8 20
B 1年1回 14.3 12
C 月1回 8.3 7
D 4年以上1回 6.0 5
E 2,3年1回 2.4 2
合  計 100 84

 年間の購入回数をみると、「2,3ヶ月に1回」購入する人が45%で、次いで「半年に1回」、「1年に1回」の順となっており、年間購入回数は少ない傾向がみられた。

7)堆肥の購入先(複数回答可)

No. パーセント 実 数
@ ホームセンター 55.3 57
A 農協 21.4 22
B 畜産農家 8.7 9
C 堆肥センター 7.8 8
D 小売り、スーパー 5.8 6
E その他 1.0 1
合  計 100 103

 堆肥の購入先は、手軽に購入できる「ホームセンター」が一番多く、「農協」で購入する人と合わせると約7割となっている。
 堆肥を生産している「畜産農家」、「堆肥センター」へ直接買いに行く人も16%みられた。

3.総括

 今回のアンケートは、会社員や主婦が多いことから、堆肥は家庭菜園や花壇に多く利用されていたが、堆肥は、安全で環境に優しい土づくりに適していると考える人が多かったことは、これからの流通促進に向け、明るい材料である。
 また、購入先については、手軽に購入できるホームセンターや農協が多いことから、今後は堆肥センターや畜産農家での購入方法を広くPRし、販路の拡大を図ることが重要であると思われた。