ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2000年2月号 > 岡山和牛のDNA型解析と応用

〔技術のページ〕

岡山和牛のDNA型解析と応用

岡山県総合畜産センター    
経営開発部 片岡 博行

1.はじめに
 家畜の改良では、近年、育種価のように家畜の遺伝的能力を血縁関係のある個体から推定し、これを利用する方法が主体となっていますが、今後も育種改良において中心的な役割を果たすものと考えられます。
 しかし、こうした遺伝的能力が遺伝子の違いによることが知られ、これら遺伝子と経済的能力との関係が次第に明確になるにつれて、遺伝子解析により育種効率が飛躍的に向上するものと期待されています。
 肉用牛の産肉能力についてもDNA育種に向けた取り組みが鋭意行われているところでありますが、牛の成長ホルモン遺伝子の型の違いが経済形質へ及ぼす影響についてこれまでいくつか検討されています。
 そこで、総合畜産センターでは岡山和牛についてその成長ホルモン遺伝子を分析し、県内の遺伝子頻度の特徴と、間接検定牛を用いてその産肉性への影響を検討しました。

2.成長ホルモン遺伝子とは?
 成長ホルモンは文字通り、成長促進作用のあるホルモンで、タンパク質同化、脂肪異化、糖代謝などの機能があります。牛の成長ホルモン遺伝子では、上記のアミノ酸構成に関わる遺伝子で第19番染色体に存在し、個体によって127番と172番のそれぞれにアミノ酸置換を伴う遺伝子の多型が存在して、肉質と増体に影響を与えるとの報告があります。また、これら多型は次のABCの3種類に分けられます。
       127番       172番
 A遺伝子 ロイシン −−− スレオニン
 B遺伝子 バリン  −−− スレオニン
 C遺伝子 バリン  −−− メチオニン

3.岡山和牛の成長ホルモン遺伝子頻度
 種雄牛24頭、間検調査牛85頭の各遺伝子の頻度はともに、A遺伝子が約42%、B遺伝子が10%、C遺伝子が約48%でした。このように岡山和牛はB遺伝子が少ないことが特徴的で、これは現在主流である藤良系にB遺伝子を持つ牛が少ないためと思われます。一方、兵庫県の種雄牛群の調査ではB遺伝子が80%以上を占めており、これは種雄牛づくりにおいて選抜基礎集団が小さく、その後も現在まで閉鎖育種を続けているためと考えられます。

4.産肉性への遺伝子型の影響
 間接検定調査牛の枝肉成績と遺伝子型から見た産肉性への影響は、最終体重や枝肉重量は、A遺伝子により大きくなる傾向が見られまた、ロース芯面積は、C遺伝子により小さくなる傾向が見られました。しかし、いずれも統計的に有意な差ではなく、また、DGと脂肪交雑は遺伝子型による一定の傾向は認められませんでした。

5.ま と め
 今回の調査では、産肉性に及ぼす影響に特に有意な差がなかったことから、本遺伝子の影響は、飼養条件など環境要因によって相殺される程度のものであると考えられます。
 しかし、DNAレベルでの産肉性の検討は開始したばかりであり、現場後代検定牛など実際の肥育条件下での成績と遺伝子型についてもさらに調査することが必要です。将来、事前に肥育素牛などの遺伝子型を把握することにより、合理的な肥育方法を予測できないか検討することとしています。
 今後も様々な形質に関連する遺伝子を明らかにして、貴重な岡山和牛の遺伝子を生かしたDNA育種の実現を目指していく予定です。