ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2000年8月号 > 熊野粗飼料供給センターの取り組み

〔普及現場からの報告〕

熊野粗飼料供給センターの取り組み

阿新農業改良普及センター

1.はじめに

 新見市井倉,法曽地区は,高齢化等で飼育戸数は減少していますが,新見市千屋に次ぐ和牛の産地として飼育頭数規模は維持されています。この地区において,自給粗飼料の共同生産に取り組み,さらに地域の飼育農家への粗飼料供給を目指して結成された「熊野粗飼料供給センター」が平成11年度岡山県農林漁業近代化表彰を受賞したので,その活動について紹介します。

2.組織の結成経緯と概要

 新見市法曽の熊野地区では,昭和60年に「熊野草地利用組合」が結成され,乾草主体の共同生産を行っていました。その後,機械の老朽化や乾草づくりは天候に左右されやすいなどの理由から,ロールベールサイレージ体系を導入することに決め,平成9年に組合を解散し,新たに「熊野粗飼料供給センター」(以下センター)を再結成しました。センターでは,ロールベーラーやラッピングマシンを共同購入し,3名のオペレーターで粗飼料の共同生産を行い,さらに高齢飼育者のために作業受託も行っています。

3.活動の成果

 (1) 栽培面積の拡大と収量の向上
   熊野地区は畑作地帯で,広い平坦な農地はありませんが,地域内の点在した休耕地を借入したり,受託面積を増やすことで,栽培面積の拡大を図っています。受託面積も年々増え,現在約3haあり,センターの栽培面積は約10haになっています。
   栽培体系は,イタリアンライグラスの単播と混播牧草でしたが,夏作にスーダングラスを組み合わせることで収量アップにつながっています。
 (2) ロールベールサイレージの品質向上
   ロールベールサイレージの品質向上のために,刈り取り時期や水分調整,ラップの巻き方などを研究しています。また,鳥害対策として,石灰工場から使い古しのトランスバックをもらい,中にラップサイレージを入れて保管するなどの工夫をしています。

4.課題と今後の方向

 オペレーター3名では面積拡大に限界があり,作業受託は実施していますが,まだ地域への供給体制は実現できていません。農地の集積や永年牧草の活用などで面積拡大を図ることも検討していますが,やはりオペレーターの確保,増員が一番の問題になっています。
 次に,ロールベールサイレージに適した品種の選定や作付け体系の検討など,収量アップや品質向上さらに低コスト生産に向けた取り組みも引き続き行う必要があります。
 このような課題に取り組みながら,粗飼料供給体制の確立と土地を守り,耕種農家と結びついた地域づくりの実現に向けて,センターは活動しています。