ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2000年11・12月号 > 表紙の言葉

表紙の言葉

 藤岡勲さんと清水古延さん,和子さんご夫妻は阿哲郡哲多町で古くから肉用牛(黒毛和種)の子牛生産と水田等の複合経営を続けておられ,このたび,第56回岡山県畜産共進会 肉用種種牛の部でグランドチャンピオンを受賞されました。
 出品されたのは,繁殖牛群区の1(生後13か月齢以上,同10歳未満の雌牛であって,母牛とその娘牛2頭をもって1群としたもの)でありました。
 この牛群には藤岡さんが母牛(第2あずしめ号)を,清水さん夫妻が娘牛2頭(第9あずしめ号及び第10あずしめ号)を出品されたものです。
 藤岡さん,清水さんは地域の仲間とともに長年にわたり,系統を重視した黒毛和種の改良に積極的に取り組まれ,平成9年には岩手県で開催された第7回全国和牛能力共進会に同様な牛群を岡山県代表として出品され優秀な成績を収めておられます。
 現在,藤岡さんは第2あずしめ号とその娘牛2頭を,また,清水さんは第2あずしめ号の娘牛3頭を飼育しておられ,今後はこれらの繁殖雌牛を軸にして,規模拡大を図りながら,肉質・肉量を兼ね備えた岡山和牛の生産に向かって一層の努力を続けたいとのことでした。