ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2001年4月号 > 肉用牛振興施策について

〔特集〕

肉用牛振興施策について

岡山県農林水産部畜産課

 肉用牛経営を取り巻く情勢は,牛肉輸入量の増加や景気の低迷による消費の停滞など依然として厳しい状況にあります。
 しかしながら,和牛枝肉価格は比較的堅調に推移していることから子牛価格が昨年から上昇傾向にあるなど光明も見えてきており,安全で品質に優れた国産牛肉については,根強い需要を背景に今後とも安定した消費が期待されます。
 このような状況のもと,岡山県では,平成22年を目標とした「岡山県酪農・肉用牛生産近代化計画」を策定しており,この計画に基づき生産から流通に至る一連の施策を総合的に推進し,肉用牛の振興に努力してまいります。

1.和牛改良の推進
  和牛の生産性向上と輸入牛肉に対する品質面での優位性を確保するため,育種価の高い雌牛による受精卵移植技術を最大限に活用することで,優良雌牛群の確保を図るとともに,全きょうだい検定や後代検定の実施により精度の高い育種改良に取り組んでいます。
  また他県と共同による広域後代検定を実施することにより,優良種雄牛の早期作出と広域的な利用を推進します。

 《広域後代検定推進事業体系図》

2.肉用牛生産体制の整備
  平成13年度から,地域の実状に即した生産体制や中核的な施設の整備について,関係機関・生産者が一体となって検討し,計画的な生産基盤の整備を推進します。

 《和牛生産体制整備の概要》
 《生産組織・体制整備のための事業》
 《施設整備のための事業》

3.価格安定対策の推進
  肉用牛の価格安定対策としては,子牛を対象とした「肉用子牛生産者補給金制度」と肥育牛を対象とした「肉用牛肥育経営安定対策事業」(通称:マル緊事業)により,価格安定を推進しています。
  特に,マル緊事業は,従来全国事業と地域事業の2本立てで実施されていましたが,平成13年度から一本化され,新たな事業として開始されます。 

(1) 肉用子牛生産者補給金制度

 同制度の上乗せ対策として子牛生産拡大奨励事業や,新たに(社)岡山県肉畜価格安定基金協会独自の奨励金制度も創設されることとなっておりますが,いづれも補給金制度への加入が前提となりますので,全頭加入をお願いします。
   詳しくは,最寄りの農協または(社)岡山県肉畜価格安定基金協会にお尋ね下さい。 

(2) 肉用牛肥育経営安定対策事業

4.肉用牛及び牛肉の流通の合理化と消費の拡大
  家畜市場については,岡山県経済連が全農岡山県本部に組織変えされることにともない,さらに広域流通に対処した総合家畜市場として機能の強化が期待されます。
  さらに,県営食肉地方卸売市場を,本年度末を目途に,最近の食肉流通動向に即応した効率的かつ衛生的な近代的施設に整備しています。
  また,県産牛肉の学校給食への利用や「おかやま和牛肉」銘柄化を推進します。

5.第8回全国和牛能力共進会について
  平成14年に開催される第8回大会に向け,岡山県出品対策協議会を中心に優秀な出品牛づくりに取り組んでいます。
  肉牛の部については既に肥育農家での肥育が開始されており,また,種牛の部についても今後出品牛の作出と選抜に向け,関係機関,生産農家の皆様と一丸となり,優秀な成績を目指して取り組んでまいりますので,ご支援,ご協力をお願いします。