ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2001年5・6月号 > 平成13年度畜産事業対策

〔特集〕

平成13年度畜産事業対策

JA全農岡山県本部

〔事業方針〕

 畜産をとりまく環境は,輸入畜産物の増大や,景気の低迷による消費減退に起因する,価格低迷が継続して畜産経営は窮迫し,農家の高齢化や後継者不足によって,生産基盤全体が弱体化する状況下にあります。一方では,企業畜産による取り組みが拡大し,又異業種からの畜産経営への参画が進む現状です。この様な状況の中で,本会ではJAにおける地域農業振興計画の策定や営農指導体制強化に向けた取り組みを支援するとともに,販売事業,購買事業の連動をふまえた[売れる畜産物づくり]の提案,生産指導やそのための技術,資材の提供,販売対策に取り組みます。
 又,環境三法の施行に伴い,畜産の環境問題がクローズアップされる中で,家畜糞尿処理対策等の研究もすすめます。
 畜産生産,販売事業においては,地産地消を基本にした中で,県行政,JAグループ一体となり地域ブランドの確立を目指します。又,県産物のPRを積極的にすすめ適正な販売物価格形成につとめます。一方,畜種毎に契約生産方式も拡大し,量販店への販売力も強化していくため,更にユーザーのニーズに即応出来る,高付加価値商品の開発,加工技術向上につとめます。
 家畜市場においては,系統の岡山県和牛生産に係る総合機能を発揮すると共に,生産子牛の銘柄確立と価格安定の諸施策を実施します。一般家畜市場においては,生体家畜の広域流通拠点として機能強化につとめます。
 養鶏事業においては,鶏卵販売に特化した事業展開を実施し取り扱い量の拡大をはかると共に,鶏卵に対する安心,安全なイメージを高める為に衛生対策を強化します。又,鶏卵流通の合理化,コスト低減をはかる為にGPセンターの更なる合理化をすすめます。更に,地場販売の強化対策として,小口販売先の開拓,クリーンパックによる販売拡大をすすめると共に,中国地区JAグループの鶏卵販売連携強化をすすめます。
 飼料,資材事業においては,事業を西日本くみあい飼料株式会社(地域別飼料会社)に移管し,事業推進をJAの協力を得ながら直接的に行うことにより事業対応力の向上につとめると共に,畜産農家のニーズに即応出来る体制づくりをすすめ,畜産農家の求める技術,飼料,資材の研究開発,情報提供につとめます。
 級ェ山JA畜産においては,畜産生産事業を直接てがける協同会社として,本会管理のもとで畜産経営に取り組みます。事業内容として養鶏事業においては,吉備採卵農場・第一実験農場(採卵)・加茂川ブロイラー農場を,養豚事業では吉備養豚農場を経営して行くことにより,畜産生産基盤を確保すると共に畜産経営のモデルケースとして育てます。

〔重点推進項目〕

〈畜 産 課〉

1.生産基盤対策の強化

 (1) 肉用牛における農家経営診断事業の支援および繁殖団地の育成強化をはかり地域内肥育一貫生産体制の確立推進
 (2) 県行政と一体となり,優良繁殖雌牛の保留推進
 (3) 肉質向上のため,関係団体と連携して肥育技術の確立
 (4) 全国本部と一体となった新SPF豚農場の建設の取り組み
 (5) 販売と連携した産直事業および契約生産の推進
 (6) 各種価格安定事業への加入推進

2.実験農場及び受託農場の経営確立対策

 (1) 農場毎の経営管理を徹底し,収益性の向上
 (2) 農場毎の生産管理を徹底し,生産性の向上
 (3) 岡山県やJA全農の衛生検査制度を活用し,農場のクリーン化と生産物の安全性の確保
 (4) 実験農場等から習得した生産管理技術を畜産農家の生産指導や推進活動に活用
 (5) JAクリニック制度への加入を推進し,農場の衛生管理の徹底と安全・安心な畜産物の生産への支援
 (6) 既存農場の自立経営への誘導と新たな受託事業への対応

〈家畜市場課〉

 (1) 岡山和牛子牛の銘柄確立のための生産指導および販路の拡大
 (2) 県および関係機関と連携を密にし,和牛子牛の価格安定・増頭・改良・登録事業等,総合的な取り組み
 (3) 一般家畜市場においては集畜と顧客誘致をはかり,広域流通拠点としての市場づくり

〈畜産直販課〉

 (1) 県産食肉ブランド確立のため,各畜種別銘柄協議会を中心にPRおよび県内消費の重点推進
 (2) 生産部門との連携を強化し,産直事業を確立しながら有利販売への取り組み
 (3) 合理的体制の中で,販売競争力の強化と付加価値を高めた商品の開発と事業拡大
 (4) ミートセンターにおける衛生対策を徹底し安心・安全な商品づくり

〈養 鶏 課〉

1.生産基盤の確立対策

 (1) 高付加価値卵の需要拡大に対応した生産拡大をすすめるため農場の衛生指導の徹底と,鶏卵の品質改善への取り組み
 (2) 鶏卵販売拡大に連動して,新規農場の獲得への取り組み
 (3) 鶏糞及び資材の販路拡大への取り組み

2.鶏卵販売対策

 (1) 消費者ニーズに対応した高付加価値卵の販路拡大への取り組み
 (2) GPセンターを集約し,施設改善を進め新鮮・安心・安全なクリーンパック等の販売拡大への取り組み
 (3) 地場販売強化のため,県内特約店との連携を強化するとともに,中国地区JAグループとの連携への取り組み