ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2001年8月号 > 「おかやま地どり」の地域における取り組み事例

〔特集〕

 「おかやま地どり」の地域における取り組み事例と振興対策について

岡山県農林水産部畜産課

1 はじめに

 おかやま地どりは,昭和63年に岡山県総合畜産センターが雛の供給を始めて以来,おかやま地どり振興会が中心となって生産振興を行ってきています。当初は,その性質温順で強健性にすぐれた特徴から,庭先養鶏を中心として飼育されてきましたが,消費者の高品質な畜産物への嗜好が高まる中,需要も増大したことから規模の拡大も図れつつあります。しかし,近年では,地鶏肉のような特徴のある畜産物であっても,価格競争の波は押し寄せ,低コスト生産が必要不可欠となってきております。
 このような中で,おかやま地どりを地域特産物として位置づけ,生産,販売に取り組んでいる加茂川町の事例を含めて,生産振興への取り組みについて紹介したいと思います。

2 「おかやま地どり」について

 「おかやま地どり」はロードアイランドレッド,横斑プリマスロック,白色プリマスロックを掛け合わせた3元交配により作出されています。羽装は黒白色横斑,茶褐色横斑で,肉質は赤味を帯びて適度な歯ごたえと,風味があり,鶏肉本来の味を楽しむことができます。また,性質温順で強健性にすぐれており,飼育しやすいという特徴があります。能力としては,100日間の飼育で3.1s(雄雌平均)になる地鶏です。

3 加茂川町の取り組み

 ”ハートオブ岡山”をキャッチフレーズにしている加茂川町は,遊休農地の活用と地域の活性化の一環としておかやま地どり飼育を始め,町・農協等により設立されている(財)加茂川町せんたろう公社を中心として今後大幅な生産量の拡大が期待される地域です。(平成12年度生産羽数:3,400羽,県内の約14%)
 加茂川町内での生産・流通体制については図に示したとおりです。岡山県総合畜産センターで生産された雛は,町営のストックファームや生産組合で約100日間飼育されます。飼育された生鳥は(財)加茂川町せんたろう公社により販売され,平成9年度に整備された食鳥処理場で処理されます。処理された地どりは,加茂川円城の「道の駅」や,道の駅に隣接の焼き肉「品野屋」をはじめ,岡山市内の料理店や贈答品などの通信販売で販売されています。
 平成12年度には,農業構造改善事業により町内に3棟の鶏舎が新たに完成され,生産は年間1万羽程度の能力に増強されております(写真1)。販売先については,県内鶏肉卸売業者の協力を得て,農協系スーパーへの販売がはじまるなど,鶏舎をフル活用できるように販売面の努力をされております。

写真1

4 間伐材を利用した木の香る簡易低コスト鶏舎の試作

 平成12年度木の香る環境整備促進事業(間伐材利用促進事業)で県林政課の協力を得,簡易鶏舎の試作品を作成しました。これは,果樹園内等での飼育の要望もあることから,安価で分解でき,持ち運びが可能な雨よけ鶏舎の試作品です(写真2)。柵の中で飼育するための雨よけ施設としては,十分利用できるものができましたので利用してみてはいかがでしょうか(図面,試作品の見学は総合畜産センター養鶏科まで)。

写真2

5 地鶏肉の特定JAS規格の取得について

 近年,消費者ニーズの多様化から,スーパーでは様々な名称の鶏肉が販売され,一部では消費者の混乱がありましたが,平成11年6月に「地鶏肉の日本農林規格」が制定され,一定の飼育方法と鶏種を満たし,認定機関の検査を受ければJASマークを貼れることができるようになりました。今後,地鶏肉を他の鶏肉と差別化して販売していくためには,JASマークを貼ることが必要であると思われます。おかやま地どりはこの規格に適合した地鶏肉(在来系血液百分率50%以上,80日以上飼育)であります。しかし,現在この日本農林規格について認定できる体制は,全国で徳島県しかなく,徳島県で生産された阿波尾鶏の肉しかJASマークを貼ることが出来ない状況にあります。そこで,今年度,岡山県では,関係者で協力して,JASマークを貼ることができる体制づくりができるよう検討していくこととしています。来年度中にはJASマークの貼ったおかやま地どり肉が販売できるように,今年度の養鶏関係事業のメインとして進めていく予定です。

6 終わりに

 おかやま地どりは,近年,年間25,000羽生産で伸び悩み気味であります。その理由としては,流通の問題や,コスト高等さまざまなことがあげられると思います。今後は地どり振興会等の関係団体や加茂川町をはじめとする産地と協力し,問題点をひとつずつ解決していき,風味豊かでおいしい「おかやま地どり」を岡山県の特産品として確立できるよう,消費宣伝活動や生産体制の強化を図って参りたいと思います。