ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2002年1月号 > 津山地域での稲発酵粗飼料生産への取組

〔地域情報〕

津山地域での稲発酵粗飼料生産への取組

津山地方振興局畜産係

 自給飼料増産の必要性と米の計画生産の観点から,今,稲発酵粗飼料が注目されています。平成13年度,津山地域においては津山市,富村,久米町の3市町村で稲発酵粗飼料生産に取り組んでいますので,その概要を紹介します。

1 稲発酵粗飼料生産の取組概要

2 稲発酵粗飼料の品質等

 稲発酵粗飼料の品質は岡山県総合畜産センターで測定してもらったものです。
 次に示すものは,津山市で生産された稲発酵粗飼料の品質です。

 牛へ給与した畜産農家の話では,現在までのところ,牛の嗜好性はほぼ良いとのことです。来年度も稲発酵粗飼料生産・給与に取り組みたいと話されている方もいらっしゃいます。

稲発酵粗飼料の収穫と調製
稲発酵粗飼料の給与

3 稲発酵粗飼料生産の取組における問題点

 (1) 耕種農家と稲作農家の連携

 稲発酵粗飼料の生産利用拡大のためには耕種農家と稲作農家の連携が必要であり,相互の作業や費用の分担等,効率的な仕組みを構築することが必要です。

 (2) 家畜への給与に対する不安の解消

 これまでこの地域においては畜産農家が稲発酵粗飼料を給与した経験がないため,稲発酵粗飼料の飼料特性を生かした給与技術を確立する必要があると考えられます。

4 今後の稲発酵粗飼料生産の推進

 (1) 家畜への給与状況調査と畜産農家への啓蒙

 稲発酵粗飼料の品質,家畜の嗜好性等について状況調査を行い,給与経験のない畜産農家への啓蒙を図っていきます。

 (2) 取り組み農家の掘り起こし

 稲発酵粗飼料に取り組んだ際の助成措置について,耕種農家へ啓蒙するとともに畜産農家への斡旋を図っていきます。

関連事業

1 水田農業経営確立対策事業

 水田での飼料作物に係る効率的な営農の育成を図るための農業者等への助成。
 水田に作付けする稲発酵粗飼料の場合,最高額で,とも補償23,000円/10a,経営確立助成50,000円/10a(計73,000円/10a)の助成。

2 国産粗飼料増産緊急対策事業

 稲発酵粗飼料の畜産農家における利用を促進するための農畜産振興事業団の助成事業として,牛へ給与実証した場合,畜産農家へ20,000円/10aの助成。
 10aあたり収穫量は約2.5t,牛への給与は約10s/日・頭。