ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2002年8月号 > べいふぁーむ笠岡(畜産)のさらなる発展へ

〔普及現場からの報告〕

べいふぁーむ笠岡(畜産)のさらなる発展へ
PARTU

井笠農業改良普及センター 森山 靖成

1.笠岡湾干拓地の歴史

  昭和34年,農林省(現農水省)が食糧増産のために計画し,36年に着手してから24年の歳月をかけ,平成2年3月末に完成した。
 笠岡市沖の海域1,811fを堤防で仕切って干拓し,486fの農地が分譲され98戸が営農している。

2.干拓地畜産の現状

 現在,酪農家12戸と肉用牛肥育農家6戸が175.8fで営農している。
 平成13年度の飼養頭数は,乳用牛が約1,788頭,肉用牛肥育牛は2,264頭のあわせて4,052頭である。(井笠家保調べ)
 酪農家12戸の内,今年度繋ぎ型が7戸,放し飼い型は5戸である。1戸当たりの飼育頭数は149頭(県平均40頭),肥育は377頭(県平均137頭)でありいずれも県平均を大きく上回っている。

3.最近の動き

 (1) 若い衆

 干拓入植の条件として,後継者がいることが必要条件となっているが,干拓営農開始以来10年以上が経った今,畜主の子供達が酪農大学校等を巣立ち,ぞくぞくと就農している。
 干拓の後継者等が組織する笠岡市農業後継者クラブ「潮(うしお)会」の活動が活発に行われ,耕種・園芸後継者との連携もでき,業種を越えたプロジュクトや視察を行っている。
 順次,理解のある伴侶に恵まれ,元気いっぱいである。家族経営協定締結にも積極的に参画し,家族間の連携を強めている。

 (2) 女性たち

 干拓の酪農家の女性で結成する笠岡湾干拓酪農婦人部は,仲間づくりを図るとともに,牛乳料理の研究・経営安定を目指した簿記記帳や生活設計の勉強会等の活動を行っている。近年,生乳を利用したモッツアレラチーズの加工研究に取り組み,市内の女性組織と連携して牛乳の消費拡大に向けたPRを行うとともに,新しい特産品の開発に取り組んでいる。平成12年度には,活動が認められ,「婦人グループの生活・生産活動に関する表彰」農林水産省経営局長賞(主催:農山漁家女性・生活活動支援協会)を受賞した。

 (3) 特産品

 平成10年から干拓地酪農家の内6戸は,スーパー・フレスタ(広島市)と提携し,生産した生乳を「べいふぁーむ牛乳」のブランド名で岡山,広島県内で販売している。現在の出荷量は日量10トンと開始時の約4倍に伸びている。

 (4) 新しい施設
 K牧場では,平成14年に,制度資金をつかってロータリーパーラーシステム(40頭外搾りタイプ)を導入した。乳牛が施設に慣れるまで苦労したが,今では牛の動きもスムーズである。現在,3回搾乳を検討中。

4.自給飼料の生産

 干拓地の大部分の土壌は粘土含有量30%以上の強粘質土壌であるが,排水路・本暗きょ等により,土壌の排水性通気性は改善されている。塩害についても問題はない。
 pHは7〜8を示すアルカリ土壌である。イタリアン−麦又はスーダンの体系のほかアルファルファやトウモロコシの栽培も定着している。

 ほとんどはロールベーラーで調製してているが,バンカーサイロで品質の低下を防ぐとともに,作業の効率を図っている農家もある。
 今年度5月末に調査した自給飼料栽培状況は次のとおりである。
 イタリアンライグラス  25.5 単位;ha
 トールフェスク     7.0
 ムギ・イタリアン混播  9.0
 トウモロコシ      37.5
 スーダン        16.5
 永年作物(5種混)   29.0
 アルファルファ     13.5
 イタリアンミレット   7.0 合計145
 ※1 イタリアンについては単年作と永年作が混在しているため合計はのべ面積
 ※2 単年作での土地利用率は75.7%
(普及センター調べ)

5.畜産農家の経営安定へ

 BSEの影響等,経営環境の厳しい中,酪農では牛群改良への取り組み,飼育規模の拡大などの努力が行われている。
 いずれの畜産農家も一般の農家と異なり,土地・建物の償還金を支払いながら,牛の導入,機械の更新,従業員給与を考慮しなければならない特殊事情があるため,普及センターでは,農家の経営実績をもとに新規投資や新技術導入等のアドバイスを行っている。

6.糞尿処理の適正化と堆肥の地域内流通

 平成11年の畜産環境3法の施行にともない,畜産環境整備機構のリース事業等で,発酵槽や堆肥舎の整備が進みつつある。しかし,大規模化がすすんだ現在では,草地への還元のみでは十分な処理ができないため,堆肥を干拓地内の耕種・園芸農家や干拓地外の農家への利活用を図る必要がある。
 普及センターでは,昨年度まで,干拓地内で堆肥を施用し白大豆,レタス,小麦栽培で展示圃を設けた。調査結果に基づき堆肥利用の手引きを作成し耕種農家に配布をした。

 一方,畜産サイドでは,良質堆肥生産のため笠岡市堆きゅう肥共励会(H13.12.12)を開催し,井笠認定農業者協議会畜産部会の研修会で,耕種農家代表を交えたパネルディスカッションを行い,堆肥利用促進に結びつけている。

 大規模化がすすむ中で,笠岡市,県及び畜産農家は,畜産農家の経営内で堆肥の消化を促進させる方法を模索している。
 その代表的なものは,コントラクター育成による飼料用トウモロコシの作付けである。これによって,干拓草地の有効利用と堆肥の経営内利用を図り,購入飼料費の低減を目指していきたいと考えている。
 今年度,総合畜産センターの協力により,干拓地におけるトウモロコシ2期作の実証を行っており,7月8日現在(3月末播種)の草丈は250〜270pと旺盛な生育となっている。早い品種では,収穫適期直前である。収穫調査を実施し,干拓地に合った品種選定ができればと思っている。2期作の播種が間近に迫っている。