ホーム > 岡山畜産便り > 岡山畜産便り2004年7月号 > 〔家畜保健衛生所のページ〕夏期の乳牛管理と岡山家畜保健衛生所の取り組み

〔家畜保健衛生所のページ〕

夏期の乳牛管理と岡山家畜保健衛生所の取り組み

岡山家畜保健衛生所

 乳牛の飼養環境で生産性に大きな影響があるのが,夏期における「暑熱ストレス」です。ホルスタインの生産臨界温度は,高温域が25℃,低温が−15℃といわれています。低温が問題になることはありませんが,県南に位置する岡山家畜保健衛生所の管内では,多くの牛舎で年間を通じても25℃以上になっていると思えるくらいです。特に,暑熱期に当たる7月〜9月では牛がつながれているスペース(けい留スペ−ス)は,40℃以上になっている例も珍しくありません。
 そこで,「暑熱対策」のポイントと岡山家畜保健衛生所が取り組んでいる「トラブルシューティング」とについて述べます。「トラブルシューティング」とは,広い意味での飼養管理を改善して乳房炎の発症を減らすことを目標としてすすめています。農家の皆さんには,わかりやすい指標として体細胞数を減らすための改善方策に取り組んでもらっています。

1.体温上昇と生産性

 真夏は乳牛の体温が,40℃以上になっているケースもありますが,1日に1度平熱に低下すれば,泌乳量に大きな影響は出ないとの研究報告があります。1日の体温変化をみると,牛も人間と同じで朝低く,夕方から夜に高くなります。
 このため,夜から朝にかけて生理的に体温が低下する時間帯に下げるほうが有効です。特に,この時間帯は周囲(外気)の気温も低下するので小さな努力で大きな効果が期待できます。したがって,送風などは夜から朝にかけて実施すればより効果的だと言えます。
 県南は夜間でもなかなか涼しくなりませんが,そのようなとき何頭かの牛が起立していているのを見かけます。横臥より起立のほうが,体熱の放散がスムーズで体温が下がりやすいからです。もし,乳量の多い牛がいつも起立しているようなら,涼しい場所に移動してやるだけでも大きな効果が期待できます。特に,過酷な温熱環境にさらされている南部の搾乳牛は,生産者の少しの配慮が大きな成果を生むことになります。

2.残暑と体細胞数

 暑熱と乳質の関係をみると,初夏に急激な気温の上昇で体細胞数が増加することがありますが,これは一過性のものです。課題となるのは9月の残暑が体細胞数を増加させることです。潜在性乳房炎や日頃の搾乳技術が体細胞数の増加となって表れてくると言えます。
 当所の「トラブルシューティング」では,生産者の皆さんが,日頃意識しないで実施されている搾乳方法や飼料の給与順序,牛舎環境などを一度見直すことを大きなテーマとして,酪農協を中心として共済診療所,普及センターの皆さんと協力しながら取り組んでいます。もちろん参加される生産者は,積極的に乳質改善に取り組もうとする意欲のある方です。この時期は,各生産者のミルカー点検なども行われており体細胞数の削減を主要なターゲットとした乳質改善を強力に進めています。