ホーム > 岡山畜産便り > 岡山畜産便り2005年1月号 > 遊休農地を活用した和牛放牧の取組み

遊休農地を活用した和牛放牧の取組み

岡山県農林水産部畜産課

1 はじめに

 岡山県では近年,飼養管理の省力化や飼料自給率向上を図る目的で,電気牧柵による遊休農地への和牛放牧が増え始めていますが,脱柵や環境問題,あるいは実施後の現状復帰等への懸念から遊休農地所有者の理解が得にくく,普及が進まない状況にありました。
 加えて,岡山県における和牛飼育農家は県北部が主体であり,南部にある遊休農地では,放牧による保全管理という手段は選びにくい,あるいは,いざ放牧しても牛の飼養管理方法がわからないといった問題も,放牧を普及する際の障壁となっていました。

2 事業概要及び実施状況

 県では,遊休農地への放牧を全県的に推進することを目的として,本年度から「モー大丈夫!放牧でいきいき遊休農地活用事業」(以下,「モー大丈夫!」事業)をスタートさせました。
 事業実施にあたっては,市町村を事業主体と位置付け,自治体が遊休農地の把握,放牧牛の確保,放牧後の現状復帰の取り決め等についてコーディネートすることで,農地所有者と和牛所有者双方が安心して実施できる仕組みとしました。また,和牛がいない地域でも容易に放牧に取り組める体制を整備することし,貸与可能な放牧経験牛の登録(放牧牛バンク),放牧指導者(放牧インストラクター)の登録を行いました。
 遊休農地への和牛放牧は,平成15年度調査時点で約16haの実施がありましたが,本年度は,当事業により新たに7市町村(約10ha)で実施されました(表.1)。
 事業を実施した地区では,有効な農地の保全管理がなされ,脱柵,悪臭等の問題もなかったことから,周辺住民の放牧に対する理解が大いに深まりました。

3 遊休農地放牧推進に向けた取り組み

 「モー大丈夫!」事業を実施する一方で,岡山県総合畜産センターは本年度,和牛放牧への理解を広めてもらおうと「放牧実証展示(以下,実証)」を実施しました。実証を希望した市町村に対し,放牧牛及び電気牧柵を無償で貸し出し,牧柵の設置から和牛の飼養管理方法まで丁寧に指導することで,放牧への理解を深めてもらうのがねらいで,これまでに6箇所実施しています(表.2)。実施した市町村では,予想外の効果に反響が大きく,来年度は是非事業に取り組みたいという感想を多くいただきました。
 来年度は「モー大丈夫!」事業の特徴の一つである放牧牛バンクと放牧インストラクターをさらに有効に活用して,県下一円での放牧普及に努めていきたいと考えています。

4 おわりに

 遊休農地への和牛放牧は,国土資源を利用した安全・安心な肉牛生産,あるいは放牧風景による癒し効果など,たくさんのメリットがあります。今後とも,一層の放牧推進を図っていきたいと考えていますので,関係者の皆様のご協力をよろしくお願い致します。


おいしそうに草をはむ(美作町)

和牛への理解が広まった放牧実証展示(吉備中央町)