ホーム > 岡山畜産便り > 岡山畜産便り2005年4月号 > 〔技術のページ〕ジャージー種の去勢肥育における遺伝子情報の利用技術について

〔技術のページ〕

ジャージー種の去勢肥育における
遺伝子情報の利用技術について

岡山県総合畜産センター 栗木 隆吉

(1)はじめに

 総合畜産センターでは蒜山地域のジャージー種を振興する観点から,去勢肥育牛の産肉及び肉質特性を調べてきました。その中で,黒毛和種に比べて産肉性は劣るものの,肉質,特に食味に影響すると考えられている脂肪の質は和牛に類似し優れていることが分かりました。ジャージー種の食肉利用では,こうした特性を生かす生産技術が重要と考えられますが,同種はもともと乳用として改良されており,肉用としての能力把握が不十分で,安定かつ効率的な食肉生産を難しくしています。
 一方,黒毛和種では個体の能力を遺伝子レベルで把握し,生産に生かす試みが進められています。当センターでも,ウシ成長ホルモンや脂肪酸生成に関与する酵素の遺伝子のタイプによる生産性の違いを検討しています。
 そこで,ジャージー種でもこうした遺伝子情報が,素牛の選択や餌を給与する時の指標として利用できないか検討してみました。

(2)ウシ成長ホルモンの遺伝子について

 ウシの成長ホルモンは,191個のアミノ酸からなる分子量約20,000のタンパク質で,成長促進作用やタンパク質同化作用,糖代謝作用などの働きがあり,その遺伝子の塩基配列はすでに分かっています。
 また,日本の研究者により遺伝子の127番及び172番にアミノ酸置換を伴う3つのタイプ(A型,B型,C型)があることが報告されています(図1)。特に,C型遺伝子は和牛に特徴的なタイプで,ホルスタイン種やヘレフォード種,アバディンアンガス種などの外国種では,A及びB型のみでC型遺伝子は確認されていません。成長ホルモンは,先にも述べたように家畜の生産性に影響する重要なホルモンですから,遺伝子のタイプにより肉質や乳質が異なると考えられ,国内外で研究が進められてきました。黒毛和種では,A型遺伝子を産肉型,B型遺伝子を肉質型と位置づけ,その特性にあった飼養技術が提案されています。

図1 ウシ成長ホルモン遺伝子のタイプについて

(3)ジャージー種における成長ホルモン遺伝子の頻度について

 遺伝子の頻度とは,各タイプの遺伝子が調査牛群の中にどの程度の割合で保有されているかを示すものです。
 今回調査したジャージー種去勢肥育牛では,成長ホルモンの遺伝子頻度は,A型遺伝子73%,B型遺伝子27%でC型遺伝子は存在しませんでした。ジャージー種について成長ホルモンの遺伝子頻度を調べたものはほとんどありませんが,アメリカにおいてA型遺伝子56%,B型遺伝子44%という報告があり,これに比べ蒜山地域ではA型の頻度が高い結果となりました。

(4)遺伝子のタイプによる生産性の違い

表1 成長ホルモン遺伝子型と産肉特性の関係

 有性生殖を行う生物は,遺伝子を父母の双方から1組ずつもらいます。そのため,同じ遺伝子が1対で存在し,ジャージー種成長ホルモンの実際の遺伝子型は,AA型,AB型,BB型の3種類となります。
 この3種類の遺伝子型と産肉特性の関係を表1に示しました。肉用牛の経済形質として重要視されているロース芯面積及びBMSには,BB型が他の型に比べて有意に高い結果となりました。また,枝肉重量及びバラ厚についてもBB型が高い傾向にあり,ジャージー種においても遺伝子型により産肉特性が異なると推察されました。

表2 成長ホルモン遺伝子型と筋間脂肪の脂肪酸組成との関係

 また,食味と関係が深い脂肪の質について,筋間脂肪で脂肪酸組成を調べ,成長ホルモン遺伝子型との関連を検討しました(表2)。その結果,ステアリン酸(C18:0)及びモノ不飽和脂肪酸(MUFA)において遺伝子型による統計的な有意差が確認されました。すなわち,A型遺伝子の存在によりC18:0が有意に高く,逆にMUFAが低くなりました。
 一般に,おいしいといわれる牛肉はオレイン酸(C18:1)やMUFAが高く,その点で今回の調査結果はいずれの遺伝子型でも良好な脂質性状といえます。しかし,A型遺伝子を保有している牛は,飼い方などによっては硬い脂肪になりやすく,食味を落とす可能性が高いと推察されます。

(5)まとめ

 今回の調査では,ジャージー種でも成長ホルモン遺伝子型により肥育特性が異なり,この遺伝子型が肥育素牛の能力を推察するのに利用できそうな結果となりました。一方で,よく知られているように,肥育成績は飼い方などの環境要因に影響されやすく,遺伝的能力を発揮できる飼い方をあわせて検討しなくては役立つ技術となりません。また,産肉特性などに関与する遺伝子が他にも見つかっており,これらとの関連も調べる事で,より効果的で効率的な技術になっていくと考えます。
 現在,このような視点にたって引き続き調査を実施しており,近い将来,遺伝子により個体ごとの能力把握が可能となり,それに合わせたテーラーメードな肥育が実現できるかもしれません。

図2 蒜山地域のジャージー種における成長ホルモンの遺伝子頻度