ホーム > 岡山畜産便り > 岡山畜産便り2005年5・6月号 > 〔特集〕平成17年度重点事業について

〔特集〕平成17年度重点施策

平成17年度重点事業について

おかやま酪農業協同組合

T.基本方針

 平成17年度の酪農乳業を巡る情勢は,生乳需給は生乳生産の減退の一方,需要の減少も予測されており,需要の拡大による需給の改善が急務となっている。
 中国生乳販連では生乳共販体制を岡山,広島,島根で先行させ,全会員での体制確立を平成20年度を目途として協議を重ねている。
 このような環境下で発足4年目を迎え昨年策定した第1次3ヵ年計画を基に事業展開を進めてまいります。
事業重点推進目標

1.生乳生産量117,000トン,購買取扱数量107,000トン,流通取扱頭数10,500頭を目標として取り組む。
2.生乳増産につながるカウコンフォート対策を推進する。
3.信用事業の将来を見据えた体制整備の徹底を図る。
4.財務の拡充を図る。

U.各事業の運営方針

1.信用事業
  ペイオフが全面解禁となり,JAバンク基本方針を遵守し更なる経営の健全化と体制整備に取り組みます。
  組合員のニーズに沿って制度資金も含めた融資対応に努力し,事業の推進を図ります。
2.販売事業
  中国生乳販連と連携し,共販体制によるメリットの創出に努めます。
  受託業務収支の透明化を図り,集送乳の合理化メリットが直接反映できる実費制を実施します。集送乳の合理化を図り,コストの削減に努めます。
  消費者へ「安全・安心・おいしい」岡山県産牛乳をPRし,牛乳・乳製品の消費拡大を図ります。
3.購買事業
  系統機関と協調して効率的な飼料利用と円滑な有利安定供給を図ります。
  仕入先の幅広い選択により,飼料価格の低減に努め,全利用を推進します。
4.流通事業
  関係機関,部署との連携を図り,導入牛融資の安定的システムを確立します。
  導入牛助成等を活用し,搾乳索牛の導入をすすめ,生乳の安定生産に努めます。
5.生産指導事業
  関係機関と連携してカウコンフォート対策を推進し,乳牛の生産性や健康向上を図ります。
  乳牛飼養管理技術の習得と普及に努め,酪農経営向上につながるよう努めます。
  各活動組織の活性化を図り,また,酪農ヘルパー利用組合を支援し,ヘルパー事業の充実を図ります。
  搾乳後継牛を確保するため,自家育成奨励助成を継続して行います。
  女性を対象として,親睦と視野を広げる海外視察研修を実施します。
6.改良登録事業
  第12回全日本ホルスタイン共進会・第4回全日本ジャージー共進会において,全頭上位入賞を目指し出品強化に努めます。
  関係機関と連携し,個体・牛群管理データの情報をもとに経営改善と牛群の改良・能力向上に努めます。
7.診療・授精・受精卵移植事業
  繁殖検診を主体とし,繁殖成績の向上と,乳質指導,飼養管理等の指導診療に努めます。また,ヨーネ病の防疫対策として,早期清浄化へ向けた管理指導と発生農家への支援に努めます。
8.経営管理
  各事業体制等の見直しを行い,経費の節約と業務の効率化を図るよう努めます。