ホーム > 岡山畜産便り > 岡山畜産便り2005年8月号 > 〔技術のページ〕 鶏舎消毒の重要性と方法について

〔技術のページ〕

鶏舎消毒の重要性と方法について

岡山県総合畜産センター環境家畜部  森  尚之

 最近,高病原性鳥インフルエンザ並びにニューカッスル病の発生により,「高病原性鳥インフルエンザに注意!!」,「病気の侵入を予防しましょう」という言葉を何度も耳にします。予防方法の基本は,@養鶏場への人,物,車輌の出入を制限すること,A養鶏場出入口,鶏舎出入口での消毒を徹底すること,B鶏舎への野鳥の侵入を防止すること等,ウイルスとの接触を防ぐことです。
 鶏の健康を維持するため,またその生産性低下防止のため,鶏舎内の様々な病原微生物をできる限り死滅させることが消毒です。しかし,鶏舎内に鶏がいる限り,常に微生物のない状態にまで消毒し,それを維持することは大変困難です。そのため,消毒の実際的な意味は,施設を可能な限り清浄な状態を保持し,病原微生物による汚染の機会を遮断または軽減することです。

 消毒効果を高めるためには,消毒するものの種類によって消毒方法を適宜選択しなければなりません。最も効果の高い消毒方法は焼却,煮沸,高圧蒸気などの熱消毒があります。しかし,飼育施設など消毒対象物が大きい場合これらの方法を用いることができず,主に消毒薬を用いて行うことになります。
 消毒薬による消毒効果をより確実なものにするためには,消毒を行う前の清掃,洗浄が重要となります。洗浄効果を測定したところ図に示すように,洗浄により細菌数を百分の一にまで低減することができます。しかし,細菌を無くすことはできません。

 清掃および洗浄をしないで消毒薬を散布した場合,消毒薬が埃や糞に含まれる有機物や塩類と結合して沈殿を生じ,消毒力が低下します。そのため,消毒を行う前に埃や糞等その他の固着物を除去,洗浄することが重要となります。また,それぞれの消毒薬には適正濃度がありそれ以上の高濃度であったり,逆に低濃度であってもいけません。特に高濃度の場合,金属を腐食してしまう場合もあります。そして,2種類以上の異なる消毒薬を用いる場合は,使用した消毒薬が完全に乾燥した後,もう一度,水洗・乾燥させてから別の消毒薬を使用します。消毒薬を混合すると化学反応により消毒力が低下消失することがあるため注意して下さい。この他,いろいろな注意事項がありますが,せっかく消毒したのに効果がないということのないよう使用上の注意を守ってお使い下さい。
 ウィンドウレス鶏舎では機器への影響や排水の問題から,消毒作業を行う前の洗浄で大量の水を使用することができません。このため,使用する水の量が少量ですむように考えられた消毒法として煙霧消毒や発泡消毒などがあります。これらの消毒法にも利点や問題点があるため,各々の作業形態にあった消毒法を選んで行って下さい。
 消毒効果のある機能水として注目されている弱酸性次亜塩素酸ソーダ水(以下弱酸性水という)は,医療施設や食品産業分野(食品工場,調理施設等)で積極的に利用されています。弱酸性水の特徴は,一般細菌,ウイルスに殺菌効果を示し,残留性及び金属腐食性が低いなど,扱いやすく殺菌効果をもつ機能水と言えます。
養鶏分野では,畜舎消毒,鶏卵洗浄(種卵消毒)等,次亜塩素酸ソーダ水が使用されている個所での使用が考えられます。
 以上のように消毒にはいろいろな注意が必要です。しかし,何よりも大切なことは作業者の健康を害さないということであるため,消毒作業を行う場合,消毒者は手袋・マスク等の使用や被服が破損していないかなどに十分注意し作業を行うことが重要です。

鶏舎の清掃,消毒プログラム(参考例)

1 オールアウト   ・鶏を全て搬出する。
2 除糞・清掃    ・オールアウト後直ちに,短期間に除糞する。(適宜,消毒薬を散布してから除糞する。)
           ・鶏ふんのけずり落とし等最大限の清掃。
           ・土間の場合は表層を削り石灰を散布する。さらにまさ土を搬入後,石灰を散布する。
3 器具搬出     ・洗浄,消毒(アストップ500倍)
4 水洗・乾燥    ・鶏舎内(天井,壁,床)のホコリ,残留ふんを徹底的に洗い流す。乾燥を十分に行う。
            (水洗の前日に,水又は消毒薬を床面に散布)
5 第1回消毒・乾燥 ・オルソ剤200倍(ネオクレハゾール)(舎内,鶏舎周辺,側溝等も散布)
6 器具搬入     ・洗浄,消毒後よく日光乾燥したもの。
7 第2回消毒・乾燥 ・アストップ100倍で発泡消毒
8 石灰塗布(平飼) ・床面及び壁面に石灰を塗布する。石灰20sを水60Lで溶かし15坪を塗布する。
9 第3回消毒・乾燥 ・素雛導入1週間前に消毒(アストップ500倍)
* 各鶏舎(各部屋)の出入り口には踏み込み消毒槽を設置し利用する。

消毒薬の使用上の留意点について

 消毒薬の効果は,濃度,使用温度,処理時間,pHの他,糞等の有機物の共存により影響を受ける。使用に際しては,次の事項を考慮する。
(1)消毒対象とする病原体の種類及び消毒対象物に応じて最適の消毒剤を選択する。
(2)消毒剤は,有機物により効果が低下するので,消毒する前に水洗により糞等のよごれを取り除いておく。
(3)使用濃度を守り,混用を避ける。2種類以上の消毒薬を使用するときは,別個に,間隔をあけるようにする。
(4)畜舎の消毒は広い区域を同時に行う。特にオールイン・オールアウト方式では,家畜の出荷後,速やかに除糞し,床,壁,天井,器具類等を水洗する。乾燥後消毒剤を噴霧あるいは散布して消毒し,十分乾燥させてから次の動物を入れるようにする。
(5)飼育場周囲や排水溝,汚水溜等の消毒にはサラシ粉等の塩素剤を使用することが多いが,サラシ粉が分解して大量の塩素が発生し,塩素中毒を起こすことのないよう注意する。