ホーム > 岡山畜産便り > 岡山畜産便り2005年9月号 > 〔県民局だより〕飼料自給率向上にむけて

〔県民局だより〕

幻のパフェ

備前県民局 畜産班

 当管内は6次化の宝庫で,自分で牛乳等を加工して販売される酪農家が何件もあります。昨年度も「畜産便り」で紹介したほかに今年も岡山市御津でまつだ牧場さんが「まつだ牧場ミルク工房」をオープンされ,その盛況ぶりを耳にしているところです。
 今回は中でも老舗の「建部ヨーグルト」の紹介をさせていただきます。

 「建部ヨーグルト」は建部町内の全酪農家11戸の方々が,自分たちで搾った生乳にパワフルな乳酸菌を加えて作った製品です。何度かこの紙面でも紹介されていますが,この工房では生産ラインが見学できるほか,通常のヨーグルトはもちろん,ドリンクヨーグルト,ヨーグルト入りのマドレーヌ(今なら建部町の国体マスコット「カヌ吉」君のパッケージ!)や吉備中央町のブラウンスイス牛乳との合作「ヨーグルアイス」が販売されています。

 私のお薦めはなんといっても「やはたの里」に隣接するヨーグルト工房でしか食べられない(と思っている)パフェです。ヨーグルト入りソフトクリームをベースに「あんソフトパフェ」,「アーモンドキャラメルパフェ」,「チョコバナナパフェ」の3種類が楽しめます。残念なことにパフェやヨーグルト入りソフトクリームは冬期と火,水曜日はお休みだそうで,パフェはまだ1回しか食べたことがありません。先日も立ち寄ったら水曜日だったので,パフェは食べられなかったのですが,代わりに「つぶあんもなか」を食べました。モナカにフローズンソフトクリームと餡が入っており,あっさりしていて大変おいしいものでした。
 こちらは夏季限定なので8月中には売り切れるかもしれませんのでお早めに!!


(写真は「つぶあんもなか」)

 皆さんも幻のパフェや「つぶあんもなか」を食べにぜひヨーグルト工房へ足を運んでみてください。
 なお,ヨーグルト等は契約店舗や通信販売もされています。HPアドレスは次のとおりです。http://www.takebeyouguruto.com/
 管内では,今後山羊の乳を加工販売される予定の農家もあり,農家がお客様と直接接する機会も増えてきます。いろいろご苦労もあると思いますが私たちも陰ながら応援していきたいと考えております。