ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り2007年9月号 > 座談会「第9回全国和牛能力共進会に向けて」

座談会「第9回全国和牛能力共進会に向けて」

出席者
 本松允之(岡山県出品対策協議会長)   竹本 弘(種牛第3区・5区出品者)
 平本圭二(岡山県農林水産部畜産課食肉鶏卵班長) 井原 亨(種牛第7区出品者)
 下山慎吾(全農岡山県本部畜産部次長) 鷹取 聖(肉牛候補の飼育者)
 加藤芳登(阿新農業協同組合)   司会 樋口義男(岡山県畜産協会)
司会
 第9回和牛能力共進会が間近に迫りましたが,第9回大会のテーマ,ねらい,変わった特徴など教えてください。
平本班長
 昭和41年に岡山で開かれた第1回大会以来9回目となりますが,今回のテーマは「和牛再発見!地域で築こう和牛の未来」で,和牛の経済能力の向上をねらいとしています。第7回大会から産肉能力の育種価による出品区が設けられ,改良があまりにも産肉能力に偏重しすぎたことにより,特定の有名な種牡牛ばかりが全国的に広がり,産肉性以外の優秀な遺伝子を持つ雌牛群が失われつつあるため,今大会では遺伝的多様性に主眼をおいて和牛を再発見しようということで,新たな区が作られました。それが,第4区の系統雌牛群で,岡山県では新見地域で多数飼われている「たま系」で挑戦することになりました。
司会
 県出品対策協議会長に伺いますが,岡山県のまとまり具合や手応えはどうでしょうか。
本松会長
 隣の鳥取県で開催されるということで皆さん大変熱が入っています。種牛は7月19日の最終選抜会で,肉牛も8月21日に決定。今回,肉牛では人の目とCTスキャンという機械の両方で仕上がり具合を判定しておりますが,とても良い状態で,上位入賞もねらえる感じで今日まで来ております。低迷していた肉牛成績が前回の岐阜大会でよい成績を収めましたが,前回が大相撲で言う小結なら,今回は関脇か大関は十分に狙えそうで,よい手応えを感じております。
本松会長
司会
 中央審査委員でもある全農下山次長さんいかがですか。
下山次長
 種牛は全国和牛登録協会の吉村専務の立ち会いのもと最終選抜を行いましたが,肉牛の部を含めてこれまで大変良い状態で来ており,多数の方々の参加と協力と激励に感謝しております。今後も指導,検査,相談,助言を行い本大会に向けて万全を期してまいりた
いと思います。
司会
 出品牛や候補牛を持っておられる方々から今の気持ちを伺います。
竹本さん
 長年,和牛を飼育して来て,新見市の合併と同時に和牛改良組合も新しく結成したので,今後は地域の世話役になるつもりでいましたが,図らずも3区と5区で出品することになりました。第3区の牛は導入牛ですが,この牛の母の父が沢幸土井,父も沢茂勝で,私が生産した牛の系統であることを知り,深 い縁を感じております。また,第5区の繁殖 牛群の牛は前回岐阜に出品した牛で,繁殖成 績に苦労しましたが,何とかクリアーできて 今回の出品となりました。全共への出品は2 回目で大変難しいものですが,家族で力をあ わせて毎日管理しております。
竹本さん
井原さん
 前回は出品補助員としての参加でしたが, 今回は初めて第7区の総合評価群に自分の牛 を出品させてもらうことになりました。出品 が決まった後も「このままでいいのかな, もっと努力したり出来ることがあるのではな いだろうか」という気持で頑張っております。
井原さん
鷹取さん
 前回の岐阜大会はぎりぎりの参加でしたが,今回は順調です。エサのくいつきも最初からよかったし,毎月の巡回やビタミン検査の結果でも,数値がストンと落ち,木陰の涼しい牛舎環境の結果がいいようで,スムーズに行っています。
 肉牛の部の候補牛を持っている人達はみんな同じ気持ちで一生懸命に県代表牛として最終選抜に残れるよう祈りながら頑張っている毎日です。
鷹取さん
司会
 種牛,肉牛とも順調とのことですが,阿新 地域で指導面から特に力を入れたことや苦労 したことは何ですか。
加藤さん  
 新見地区は4区,5区,6区のグループ出 品区に取り組みました。中でも新設の4区は 出品条件が厳しく,系統雌牛群の「たま系」 を揃えるのに対象牛の移動等を含め体制づく りに力が入りましたが,ここに来て地域の体 制も整ったと感じております。
 5区は今回も対象頭数が少なく,サイズが 少し小さいように感じていますが,体型等斉 一性ではなんとかなったと思っています。
加藤さん
司会
 出品者の皆さんが今回,特に力を入れたことは何ですか。
竹本さん
 全共は県の代表ということで,単品の出品でも単独行動できないというプレッシャーが あります。4区,5区の決定は比較的思いど おりでしたが,飼養者に意欲を持ってもら い,気持を盛り上げてもらうのに苦労しまし た。また,チームワークを整えるのに大変力 を入れました。今は,軌道にのりつつあり, 良い方向に向っております。
井原さん  
 飼養管理面で特に栄養度に気をつけてきま した。引き運動を増やして栄養度に注意を払 いながらの毎日で,今,私たち夫婦の話の中 身は牛の事ばかりです。  
鷹取さん  
 何分にも牛次第なので,牛をよく見て飼う ようにしています。牛の気持ちになって飼っ てきました。  
司会  
本番に向けての管理や現地で大切なことは 何ですか。  
下山次長  
 出品牛とあわせて人の健康が第1です。体 調管理に気を付けてもらいたい。今は猛暑が 続いており,その先は温度変化が激しいの で,牛の管理に引き続き注意してもらいた い。過ぎた運動を防止するとともに粗飼料の 給与で健康な胃をつくり,オーバーコンディ ションにならないように注意してもらいた い。鳥取に入ると飼育環境が変わります。水 や粗飼料に注意し,必要ならそれぞれの準備 をしていただければと思います。
 牛群については全頭が体調管理に注意し万 全な状態で臨んでもらいたい。  
加藤さん  
 飼料は本会場へまとめて持って行くことに なろうと思うので早急に決め,例えば乾草で はチモシーなど事前の準備が必要でありま す。新見地区の出品牛の中に放牧した牛がい るので,飼料を与えたら一気に食べるクセを つけたり,また,本会場で異常な音に驚いた り興奮したりする可能性があるので,常にラ ジオ等で対応する等こまめに注意を払った管 理が必要となります。今回は栄養度の判定が 一段と厳しくなりますので,しっかりとした 対応をお願いしたいと思います。何として も,審査員の第1印象が勝負を決めると思っ ておりますので,気を引き締めて頑張っても らいたいと思います。  
司会  
 様々なイベントも行われるので,異常な音 への配慮は大切な事だと思います。県からの ご意見は。  
平本班長
 健康管理に注意していただきたいし,単品 といえども岡山県の代表牛ということを再認 識してもらいたい。4日間一緒にいることに なるので,みんなで協力しあって必ずいい成 績を収めてもらいたい。エサは今回乾草を用 意して持って行くことにしています。また, 調教で牛を見せることに心がけてもらいた い。開会前日に行われる体側の時から勝負が 始まっています。会場内では審査員はいつで もどこでも見ているということを意識してもらいたい。また,会場内では共済連の先生についてもらうことになっていますが,衛生管理では特に注意してもらいたい。
本松会長  
 見られている意識を持つことが大切だと思 います。エサは軽めに給与して,栄養度を下 げることが大切です。やせているくらいがき れいに見える。
 一方,肉牛は少し体重がたりない区もある が,これから元に戻ると思う。
司会  
 最後に,本番に向けての目標や心意気を述 べてください。
本松会長
 出品者が和を持ち,団結の力で勝ち取るこ とが一番だと思います。今の調子を上手に もっていけば日本一も夢ではない。牛と人の 健康が第1。審査は並んでいるところだけで なく,歩いているところも大切で,審査場で 引いている場合もお互いが協力しあった姿 や,ニコニコして引いていたら審査員に与え る感じがよく,審査にも影響があるので,気 を付けたいものです。
竹本さん
 全共は岡山県畜産農家の代表という自覚を持って,力の限り尽力し,80%の牛でも110%を発揮させたい。このために,努力することを誓います。
井原さん
 あと2ケ月ですが,努力を精一杯して,岡山県の出品者全員の団結力を持って結果を残したいと思います。
鷹取さん
 前回は感激の涙を流したことを覚えていますが,今回も上位入賞を目指し,男泣きしたいです。
加藤さん
 皆さんがんばっておられて,かなりのレベルでいい成績に行けそうなので頑張ってもらいたい。7区が気になりますが,種牛の雌群はよく揃っており力があるので,肉牛の部も自信をもってがんばってもらいたい。
下山次長
 この大会は岡山県和牛の改良の成果を発表する場所で,出品牛すべて優秀な成績を収め,全頭の入賞を目指しています。また,多くの消費者の参加もいただき,和牛生産や改良への理解度を深めてもらいたいと思っています。岡山県からも和牛博覧会の「お肉自慢横丁」に出展して,おかやま和牛肉のPRや消費者の方々との交流を計画しています。
 出品者や関係者の方々に納得,評価される共進会になることを願っています。
下山次長
平本班長
 いい感じでここまで来ています。体に気をつけ,ラストスパートをかけていただきたい。他県から前回の岐阜大会の成績がまぐれだったと言われないようにしたいと思います。大会終了後にはみんなで美酒を味わいたいものです。
平本班長
司会
 ご出席の皆さんにはそれぞれの立場からの思いや力強いご発言いただきました。この勢いと団結で最終比較審査に臨まれ,第9回大会の素晴らしい成績が岡山県出品団の上に輝くことを期待しております。
 頑張って下さい。
樋口専務

 (この座談会は8月10日に開催したものですが,8月21日の肉牛の部の最終選抜会で鷹取さんの牛は第9区への出品が決まっています。)