ホーム > 岡山畜産便り > 岡山畜産便り2007年9月号 > 就任の挨拶



就任の挨拶
岡山県家畜人工授精師協会 会長 延 原   昭

 残暑の候,皆様には益々ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 この度,長年にわたり岡山県家畜人工授精師協会の発展に貢献されてこられました,赤峰和男氏が会長を退任され,7月25日開催の通常総会で,会長は私,延原 昭が,また副会長には新見支部長の大森進氏と全農岡山県本部畜産部次長の下山慎吾氏が選任されました。畜産をとりまく情勢は,飼料価格の高騰,高齢化の進行に伴う担い手不足,牛乳の飲用向け消費の減少,さらにはWTOやEPA交渉の長期化など不透明な状況が続いています。
 このような状況の中においても,当協会は家畜改良増殖の原点である家畜人工授精業務の円滑化を推進するとともに,高度な人工授精技術の習得や新しい担い手の育成を図り,本県の畜産振興に寄与してまいりたいと考えております。
 今後とも皆様方のご協力,ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。