ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り1997年9月号 > 「第27回日本の日本農業」・「第10回農業機械利用等農業高度化推進共励会」の参加募集       

〔広場〕

「第27回日本の日本農業」および「第10回
農業機械利用等農業高度化推進共励会」の
参加を募集しています。        

岡山県農業協同組合中央会

「第27回日本農業賞の参加募集」
 日本農業賞は,世界の中の日本農業の確立をめざし,意欲的に経営や技術の改善にとりくみ,地域社会の発展に貢献している農業経営者と集団組織の表彰を行い,その成果をNHKの放送等を通じて広く紹介することによって,農業に対する国民の理解を深めるとともに,地域社会の活性化につながる農業,国際競争力のある日本農業の実現に貢献するものです。
 昭和46年の創設以来これまで,岡山県からは個人の部と集団の部において,それぞれ日本農業賞を受賞するなど輝かしいものとなっております。
 特に畜産関係では,昭和53年度に牧野勉氏が,昭和57年度には佐山實氏が日本農業賞を受賞されています。
 平成9年度も県下農業者等からの積極的な応募をいただきますようよろしくお願いいたします。
 日本農業賞の主催は,日本放送協会NHK,全国農協中央会,各県農協中央会で,農林水産省と都道府県が後援となっており,応募資格等は,次の通りです。
1.応募資格
(1)個別経営
=経営・技術にすぐれ,地域社会の支持と共感を得ている農業経営者。
(2)集団組織=意欲的で想像力があり他を啓発するにふさわしい集団組織
2.応募締切日=平成9年9月30日
3.応募方法等=応募は自薦,他薦を問いません
が,「応募用紙」に所定の事項を書き込み,それに基づく農業経営もしくは協同活動の記録と営農資料など必要な資料を添付します。
 なお,応募にあたって,詳細は中央会支所及び農業改良普及センターにご相談下さい。

「第10回農業機械効率利用等農業高度化推進共励会の参加募集」


 この共励会は,全国各地域において農業機械の効率利用等農業の高度化に取り組んでいる先進事例等を幅広く掘り起こし,優良事例として表彰し,農業の高度化への意欲の高揚及び相互の研鑽に努め,普及拡大を図ることを目的に実施するものであります。
 この共励会の主催は全国農協中央会で,農林水産省等が後援になっており,参加資格等は次の通りです。
1.参加資格
(1)経営体の部
=地域農業の担い手として,農用地の賃貸借等により経営規模の拡大,農)作業受委託による作業規模の拡大,新技術の導入等を実践するとともに,農業機械の効率利用等による生産性向上や農業の高度化に取り組んでいる農業者及び農業生産法人等の経営体。
(2)集団の部=農用地の集団的利用,高性能農業機械・施設の共同利用,農作業の共同化等を実践するとともに,農地,機械・施設,労働力等の効率的組み合わせにより合理的な農業生産活動を展開し,地域の農業振興に取り組んでいる集団。
(3)農業機械銀行・農業サービス事業体の部=地域農業の中核的役割を果たし得る農業者等を組織し,高性能機械・技術を利用して広域的・組織的な農作業受委託に取り組み,地域農業の高度化に努めている「農業サービス事業体」で,かつ直接的な農業のサービスを行っている農業生産組織,JA等農業関係団体または農業者の組織,及び農業機械銀行等。ただし共同選果・選別場,地方公共団体,航空防除会社,個人業者等の事業所は対象外とします。
2.応募締切日=平成9年9月30日
3.応募方法等
=応募にあたっては,中央会支所及び農業改良普及センターへご相談いただき,所定の「推薦書」に記入のうえ応募いただきますようお願いします。