岡山畜産便り97年11・12月号 〔輝くひと紹介〕「和牛経営に取り組む地域の女性リーダー」

ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り1997年11・12月号 > 「和牛経営に取り組む地域の女性リーダー」

〔輝くひと紹介〕

「和牛経営に取り組む地域の女性リーダー」

阿哲郡哲西町 上田ちず子さん

1 はじめに

 阿哲郡哲西町は,岡山県の北西部に位置し,西は広島県に隣接しています。稲作が盛んな地域であり,和牛の飼育も広く行われています。
 哲西町では,飼育戸数61戸で約260頭の和牛が飼育されています。
 今回紹介する上田ちず子さんは,哲西町の西南部,大野部で和牛経営を行っています。

2 経営の発展とともに頑張っています!

 代々,畜産経営を営む上田家に嫁がれたちず子さんは,自然に牛飼いに取り組むようになったそうです。昭和55年に多頭化を図るため牛舎を新築し,現在の基盤ができました。以後,「これからの畜産はコストをいかに引き下げるかがポイント」であると考え,ビニールハウス牛舎を建設しました。ほとんどを手作りし,木造や鉄骨で建設するのに比べ3分の1程度の費用で済み,創意工夫ある取り組みを実践されています。
 牛飼いについては,「時には辛いこともありますが,そんなときは鼻歌を歌いながら,気分転換しています」と笑って話されるちず子さんは現在,繁殖牛の育成についても,女性ならではのきめ細かい心遣いで,順調な牛飼いを行っています。
 また,平成4年からは岡山県女性農業士として,また平成8年に結成された哲西町和牛婦人グループの初代会長としても活躍されています。これらの活動では「農業の勉強はもちろんのこと,何よりも外に出ていろいろな人と話ができるのが楽しく,励みになっています」と今後も積極的に交流を図っていく考えです。

3 後継者の誕生

 「祖母や両親が,毎日牛の世話をする姿を見て育ったこともあり,迷わず和牛の道を選びました」と話す長男の稔さんが平成6年から肥育部門を担当し,経営参加することになり現在の繁殖肥育一貫体制ができました。
 後継者が誕生し,作業負担も少なくなり,今では花や野菜作りをする余裕もできたそうです。

4 今後の経営について

 このようにちず子さんは,家族とともに規模拡大,後継者誕生,一貫経営の確立と地域農業をリードしてきました。また,今後は「私たちの経験に息子の技術を組み入れて,一貫経営が軌道に乗るよう頑張りたい」と話され,繁殖部門については,「一貫のメリットを生かし,肥育した牛のデータをもとに,交配や保留の参考にしながら,優良雌牛群を作っていきたい」と力強く話して下さいました。

5 経営規模 

飼育頭数  成   牛 18頭
育 成 牛 1頭
子   牛 10頭
肥 育 牛 36頭
飼料作物 イタリアン 30a
水   稲 110a
施設・機械 牛   舎 4棟
堆 肥 舎 1棟
      

6 家族の概要 

上田 勝士

経営主

    ちず子

本 人

    稔

長 男

    靖浩

次 男

    ユキ子