ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り1998年5・6月号 > 畜産事業対策〔重点実施策〕

畜産事業対策〔重点実施策〕

岡山県経済農業協同組合連合会

 畜産生産動向は輸入畜産物の増大により国産品の価格が低迷するなか,農家の高齢化,後継者難によって中小規模農家の廃業がすすみ,一方では企業畜産へと移行しており,本会受託農場及び実験農場の成果を踏まえ大型畜産農家への事業対応に取り組みます。
 一方,畜産物の需要は増加傾向にあり,また消費者は価格面だけでなく,品質,鮮度,安全性などを重視しており,国産品ならではの特徴を生かした畜産物の生産をはかりながら販売力の強化をすすめます。
 畜種毎に産直事業方式を確立し,量販店に対応するため契約生産農場を指定し,安全で高品質なSPF豚や特殊卵など付加価値商品の開発につとめます。
 ミートセンターについては,今後益々強化される衛生問題について検査体制を強化し,安全性の向上につとめるとともに,消費者ニーズにこたえ県産食肉の加工,調理分野への新商品の開発をすすめる販売拡大につとめます。
 GFセンターについては,衛生対策を強化するとともに,GPセンター機能の拡充をはかり,県内量販店への販売拡大に取り組みます。
 総合家畜市場機能強化のため,県外顧客誘致及び集畜の拡大につとめます。
 飼料事業については,バラ配送による工場からの直送化の拡大と粗飼料の広域流通基地を活用し,物流の効率化と取扱拡大をはかるとともに,経済性飼料の開発につとめます。

〈畜産課〉
1.生産基盤確立対策

(1)肉用牛地域一貫体制の確立
(2)和牛繁殖団地育成強化
(3)SPF豚受託事業の運営管理の強化
(4)各畜種毎安定基金の充実

2.種蓄改良と各指導事業の強化
(1)和牛育種価数値を基本とした県内基礎雌牛の更新促進及び県産種雄牛の作出 と優良牛の保留推進
(2)畜種別飼育管理技術指標技術の普及推進と経営診断による経営改善の指導
(3)優良種豚導入促進と人工授精技術の普及推進による低コスト生産の促進
(4)肥育牛の早期仕上げ技術の確立
(5)研修会,講習会,共励会,共進会等の開催による肉質向上推進

3.流通販売対策
(1)県産品の特徴を生かし,計画的な出荷体制の確立と有利販売
(2)肉牛,肉豚の契約生産農場の指定
(3)県産食肉の加工,調理分野への取り組み強化
(4)還元肉推進,新リーズナブル牛肉
(5)総合家畜市場への集荷拡大の積極的推進

〈養鶏課〉
1.JAグループの養鶏生産基盤の安定維持

(1)高付加価値卵の生産拡大
(2)経営受委託事業の促進による未利用農家の獲得推進
(3)経営安定のための経営指導の強化

2.鶏卵の販売流通対策
(1)消費者ニーズに対応した高付加価値卵の開発と有利販売
(2)GPセンター機能の強化充実による販売拡大
(3)鶏卵安全性対策指標の導入と衛生対策の実施

3.廃鶏肉並びに鶏糞の販売拡大
(1)廃鶏肉の商品開発と販売拡大
(2)鶏分の商品開発