ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り1998年7月号 > 岡山県畜産会長退任挨拶

岡山県畜産会長退任挨拶

社団法人岡山県畜産会   
前会長 渡 邉 明 喜

 このたび6月25日の定時総会をもちまして畜産会会長の職を退任いたしました。
 思い起こしますと昭和20年秋から53年春まで岡山県職員として,引き続き岡山県酪農農業協同組合連合会,更に県畜産会へと奉職しまして以来53年有余,畜産一筋に勤務させて戴きました。皆様には公私に亘り格別のご厚情を賜りましたこと心からお礼申し上げます。
 この53年有余を振り返ってみますと数々の思い出が次から次に浮かんで参りまして感慨一入のものがあります。随分と皆さんにご迷惑をおかけした事と反省し申し訳ないと思っております。いたらぬ私を温かくご指導下さり,よく可愛がって戴いたものとほんとうに感謝の念でいっぱいです。
 県民の皆さんの健康を守るため安全で新鮮な畜産物を安定的に生産供給する使命,そして肥沃な県土を維持するという畜産の重要な役割は50年前と現在,いささかも変わっておりません。そういう意味で関係皆さんが県民全体のご理解と賛同のもとに本県畜産を一層実りあるものに伸展していただきたいものと念願いたします。
 どうかいつまでもご健康で幸せな生活を営まれますようお祈り申し上げ,紙上をおかりして退任の挨拶といたします。

合 掌