ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り1998年9月号 > 『和牛の日』11月26日に開催

『和牛の日』11月26日に開催

 岡山県和牛研究会は昭和40年に和牛関係の新技術の普及浸透と和牛関係者の交流の場を作ることを目的に設立され研究会報等を発刊してきました。その後,昭和49年から毎年1回『和牛の日』として試験場等を広く解放し,生産者・技術者一体となって和牛への取り組みを図っていく場として新たに発足しました。本研究会は,現在600名程度の会員を擁し,農業関係研究会としては希な組織体制を維持しております。
 和牛研修会は,毎年11月29日(イイニク)に『和牛の日』として総合畜産センターで開催し,講演会並びに最近の和牛界における情報交換等を行い,昼食の『牛丼』が名物として定着してきています。
 さらに,種雄牛要覧,和牛研究会報の配布や各種事業への協賛など和牛生産者の交流の場として広く活動しております。事務局としては和牛繁殖農家・肥育農家をはじめ和牛関係者に愛されるような研究会となるよう努力しているところです。
 最近,「クローン牛」の問題等,和牛生産に関する問題もいろいろ取りざたされていますが,関係者の積極的な参加でますます岡山和牛の振興に努めていこうと考えておりますので,今後ともよろしくお願いします。
 なお,本年は11月26日(木)に研修会の開催を予定しておりますので奮って参加してください。     (和牛研究会事務局)