ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り1999年1月号 > 新年のごあいさつ

新年のごあいさつ

岡山県農林水産部   
部 長 村 上 行 範

 謹んで,新年のごあいさつを申し上げます。皆様にはお健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
 また,平素より本県畜産行政の推進につきましては,ご協力・ご支援を賜り心よりお礼申し上げます。
 昨年は,長引く景気の低迷が国民生活に大きな影響を及ぼし,県内においても景気・雇用の落ち込みなど,極めて厳しいものがありました。
 そのなかにあって,県は,2010年を目標年次とした「快適生活県」の実現をめざす長期ビジョンをスタートさせ,時代の進展に対応した施策・事業を着実に推進して行くこととしております。
 我が国農業は,担い手の減少や高齢化の進行,輸入農産物の増加に加え,米価下落に伴う稲作農業の危機など大変厳しい状況にあります。このような中で,21世紀へ向けて安全で安心な食料を安定的に供給するとともに,農業・農村の果たす国土保全等公益的・多面的機能的機能を維持していくためには,農林水産業の振興,農山漁村の活性化が緊急の課題と考えております。
 本県としましても,畜産の安定的な発展を図るために,生産性の向上と低コスト生産による内外格差の縮小を基本に,本県の特色を生かしながら活力とゆとりのある力強い経営体を育成し,国際化に対応しうる畜産の振興に努めて参ることとしております。
 このため,後継者の養成をはじめ,飼料基盤の整備,家畜改良の促進,価格安定対策の強化を図るとともに,総合畜産センターや家畜保健衛生所を中心に新技術の開発・普及や衛生対策に努めるほか,畜産物の集出荷及び処理加工施設の整備による流通の合理化や,本県ならではの畜産物の銘柄化,畜産の6次産業化の推進等,一連の施策を積極的に推進して参ります。
 また,平成12年には,本県において「第11回全日本ホルスタイン共進会」がファーマーズマーケット・サウスビィレッジを主会場に開催される予定であり,21世紀の幕開けに相応しい盛大な酪農の祭典になりますよう努力してまいりますので,皆様方にも多方面からのご支援を賜りますようお願い申しあげます。
 最後になりましたが,今年が輝かしい年となりますよう,また,皆様方のご健勝とご多幸をお祈り申し上げて新年のごあいさつといたします。