ホーム岡山畜産便り > 岡山畜産便り1999年3月号 > 第24回岡山県養豚振興協会枝肉共励会開催される!

第24回岡山県養豚振興協会枝肉共励会開催される!

岡山県養豚振興協会

 岡山県養豚振興協会では,毎年,2月中旬に関係機関の協力を得て,岡山県営地方食肉卸売市場で,会員の豚枝肉向上を目的として,枝肉共励会を開催しています。
 本年も,同腹2頭を1組として,30組60頭の豚が出品されました。30組のうち26組がLWD,4組がハイポで56頭が雌,4頭が去勢でした。出荷日齢は173〜196日で,平均185日,枝肉重量は67.5〜84.5s平均75sでした。出品された枝肉は,極上が7点,上が32点,中が19点,並が2点で,上物率65.0%という成績で,全体的には,腿の張り,肋張りの良いものが揃っていましたが,重量オーバーのため格落ちしたもの,やや肉食に難点があるものが散見されました。昨年は極上が8点,上物が42点,中が8点,並が2点で上物率は83.3%という成績で,本年は昨年に比して,上物率が低い傾向にありました。販売単価は,平均の459.7円でした。
 審査の結果,芳井町の三共養豚,哲多町の吉備牧場,新見市足見養豚場から出品されたLWDが最優秀となり,賞状,賞品が授与されましたが,今後は,適正な飼料給与に充分留意し,上物率を上げる努力が望まれます。