養鶏農場の鶏舎消毒

岡山県総合畜産センター 養鶏科 山内 章江

1 はじめに
  養鶏農場における鶏舎消毒状況について検討してみますと,ブロイラー農場においては,毎回最高の増体と育成率を追求し続けるため,一方レイヤー農場においては,近年問題とされている鶏卵が原因となっている食中毒を防ぐため,ともに鶏の健康状態がなによりも重要であり,健康状態を維持するための,衛生管理が大きなウエイトをしめることになります。
  一言で「衛生管理」といっても,ネズミや衛生害虫の駆除,清掃・消毒,適切なワクチンの応用等さまざまであり,今回はその中でも清掃・消毒について,総合畜産センターにおいて実施している試験も交えて説明したいと思います。

2 なぜ,消毒を行うのか?
  鶏舎消毒を実施するにあたって,たんに「消毒薬をまいておけば,どんな菌でもみな死んでしまう。それが消毒。」と思われている方が多いかもしれません。たしかに,消毒薬をまくことで菌は死滅しますが,どんな菌でも,みんな死滅するというものではありません。そこで,消毒効果を上げるためにも,「なぜ消毒を行うのか」という目的をはっきりと持つことが重要となります。
  消毒の目的とは,「鶏の健康状態を維持することや,その生産性低下防止のため,鶏舎内の様々な病原微生物をできる限り死滅させることです。」しかし,鶏舎内に鶏がいる限り,常に微生物のいな状態にまで消毒し,それを維持することは大変困難なことです。そのため,実際に行う消毒は,施設を可能な限り清浄な状態を保持し,病原微生物による汚染の機会を遮断又は軽減することであります。

3 消毒法について
  様々な消毒法がありますが,消毒効果を高めるためには,消毒対象物の種類によって消毒法を適宜選択しなければなりません。最も効果の高い消毒方法は焼却,煮沸,高圧蒸気などの加熱消毒があります。しかし,加熱消毒が行えるのは,比較的小さい物品に限られるため,飼育施設などの消毒対象物が大きい場合には,主に消毒薬を用いて行うことになります。

4 消毒薬について
  消毒薬による消毒効果をより確実なものにするためには,消毒を行う前の清掃,水洗が最も重要となります。
  清掃及び水洗をしないで消毒薬を散布した場合には,消毒薬がホコリやふんに含まれる有機物や塩類と結合して沈澱を生じ,消毒力が低下します。そのため,消毒を行う前にホコリやふんなどその他の固着物を除去し,水洗することが最も重要となります。
  消毒薬の用い方で,「濃度が濃いとよく効く」とか,「これとこれを混ぜるとさらに効力がアップする。」とよく誤解されることがあります。
  消毒薬にはそれぞれ適正濃度がありそれ以上の高濃度であったり,逆に低濃度であってもいけません。特に高濃度の場合,金属を腐食してしまう場合もあります。
  また,2種類以上の異なる消毒薬を用いる場合には,使用した消毒薬が完全に乾燥した後,もう一度,水洗し乾燥させてから別の消毒薬を使用します。消毒薬を混合すると化学反応により消毒力が低下消失することがあるため注意してください。
  この他,いろいろな注意事項がありますが,せっかく消毒したのに効果がないということのないよう使用上の注意を守ってお使い下さい。

5 ウィンドレス鶏舎における消毒
  ウィンドレス鶏舎では機器への影響や排水の問題から,消毒作業を行う前の洗浄で大量の水を使用することができません。このため,使用する水の量が少量ですむように考えられた消毒法として煙霧消毒や発泡消毒などがあります。これらの消毒法にも利点や欠点があるため,各々の作業形態にあった消毒法を選んで行ってください。

6 消毒と環境
  このように消毒は,消毒薬を用いて行うことがほとんどですが,近年消毒により排出される多量の消毒洗浄水が環境問題の原因となってきています。そこで,総合畜産センターでは,その環境対策を踏まえ,残留性及び毒性が無く,広い抗菌スペクトルをもつ,水を弱酸性化したもの(以下「弱酸性水」,有効塩素濃度50〜80ppm,pH4.0〜6.5)を用いて鶏舎における消毒方法を従来の方法(消毒薬:オルソ剤および逆性石鹸)と比較した試験を行っています。下記の表は,(A)弱酸性水を用いて,(B)従来の方法を用いて,鶏舎の床および壁の消毒を行った時の菌数の変化を示しています。また,共に検体1f当たりの細菌数を算出して,それを常用体数に変換して結果を解析しています。

 この結果から,弱酸性水は繰り返しの散布が有効であること,また従来の消毒薬を用いた方法と同程度の効力を持つことが示唆されています。
  今後,鶏舎のみでなく,鶏卵への応用へとつなげていきたいと思います。

7 おわりに
  以上のように消毒にはいろいろな注意が必要です。しかし,何よりも大切なことは作業者の健康を害さないということであるため,消毒作業を行う場合,消毒者は手袋・マスク等の使用や被服が破損していないかなどに十分注意し作業を行うことが特に重要です。