ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和24年12月

改正になった牛乳供出に対する飼料配給について

 本年4月より煉粉乳製造工場へ供出した原料乳及び優良飲用牛乳供出者に対し「大豆粕」「玉蜀黍」「麩」の3種飼料を増配してきたが此度次のように配給飼料の内容を変更し,指定地域外飲用牛乳,バター,チーズ用牛乳,及び79点以下飲用牛乳供出者に対する飼料の配給量を9月より更に引き上げることになったので,今後乳製品牛乳の増産確保を計り,農家の皆さんの努力によって酪農業を大いに振興して頂きたいと思っております。

1.煉粉乳1函当りの飼料配給量
  大豆粕      5.4s
  麩    11.0s
  玉蜀黍脱脂胚芽  8.0s

2.優良飲用牛乳一石当り飼料配給量
  大豆      15.3s
  麩       36.0s
  玉蜀黍脱脂胚芽 23.0s

3.飲用牛乳(79点以下)及びバター,チーズ用,指定地域外飲用牛乳1石当り飼料配給量 
(イ)79点以下飲用牛乳  90s(麩換算)
(ロ)バター,チーズ用  75s( 〃 )
(ハ)指定地域外飲用牛乳 75s( 〃 )