ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和24年12月

牛を飼っておられる農家の皆様へ

 この頃牛の流行性感冒が県下一円に発生しておりますから,皆様の大切な牛を病気にかからないように,次の事項をよく守り予防につとめて下さい。なおこの注意は病気の流行するときにかぎらず何時も注意して,牛をかわいがってやって下さい。そうすれば丈夫なよい牛になります。

1.病気の予防について

 1.病気の出ている農家への出入は,成るべくさけること
 2.敷藁は充分にしき,取りかえは一時にしないで汚れたものからとりかえて,常に清潔にすること
 3.牛舎に尿がたまるとアンモニヤガスが発生して感冒にかかり易くまた不潔ですから,排水をよくすること
 4.夜間牛舎にすき間風が入らないようにすること
 5.天気のよい日にはつとめて日光浴をさせること
 6.日光浴をしたり,働いた後で汗をかいているときは,十分体をぬぐってかわかしてやること
 7.皮膚の手入をよくして,食欲等については,常に注意すること

2.今後の流行性感冒の主な徴候

 1.牛がねりをかえさず,食欲が急に減退する
 2.鼻が乾いて眼がうるむ
 3.固い暗黒色の糞をする
 4.肢がふらふらする。
 5.水の様な鼻汁を出す
 6.非常に高い熱が出る
  右のような様子がどれか出たときには直ぐ県の家畜防疫委員(獣医師)に連絡して下さい。

3.自分で勝手に下熱剤や下剤,灌腸等をすると,かえって病気を悪くしましすから,ご注意下さい。

4.今後のために,市町村農業共済組合でよく話を聞いて家畜死亡廃用共済,疾病傷害共済に一日も早く加入して下さい。

5.すでに死亡廃用共済に加入して居る牛が死んだときは,早く共済金を請求して下さい。