ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和25年1月

畜産ニュース

岡山県酪農協会主催総会及び懇談会記事

(12月17日)

 県下各酪農組合代表者及び県畜産課工場側を集めて年末の臨時総会が開かれた。
 議長に奥山氏がつき次の様な議題がとり上げられ活発な意見交換が行われた。

1.飼料配給機構の変更は公団廃止後県下に単一の荷受機関を設立しようと言う機運と経過について説明があった。
2.県共進会については乳牛は別個に考え今春(期日未定)岡山種畜場の開場式に,同場で開催しようと言うことに意見一致。
3.6県共進出品牛については夫々の組合に於て県生産の優秀牛が産出されているので之を選抜し県の共進会に於て決定しようと言うことになった。
4.全国酪農業協同組合連合会加入については一応状況を静観し見送ることになった。
5.常磐酪農業協同組合は協会に新しく加入に決定し赤磐は暫らく保留となった。