ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和25年3月

畜産相談

 和牛乳の利用についてお知らせ願いたい(御津郡M生)

 和牛乳の利用は従来一般に乳に対する認識不足と仔牛の発育が遅れる等の故をもって殆んど顧みられなかったが母牛分娩後150日頃迄は1日平均5合程度の和牛乳を搾ることができ乳質もホルスタイン種の乳に比し脂肪固型物の含量が多く蛋白質もやや多く老幼病弱者に対しても簡便に利用できる。
注意,和牛乳の利用は仔牛の飲量を避いて人が利用するのではなく余乳(哺乳中の仔牛の発育に影響なき程度に搾乳し得る乳及び離乳後の乳の総称)を利用するのである。