ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和25年4・5月

蜜蜂転飼取締条例制定さる

 今回左記の通り岡山県蜜蜂転飼取締条例が3月31日付で公布になりました(昭和25年3月31日岡山県公報号外で発行)から同日以後蜜蜂の転飼をしようとする人は知事の許可を受けなければ出来なくなりましたから条例を参照され不審の点は畜産課に照会されたい。

岡山県蜜蜂転飼取締条例

(目的)
第一条 この条例は,蜜源の分配調整の適正化を図り,養蜂事業の健全な発達に資することを目的とする。

(用語)
第二条 この条例で「転飼」とは,蜜源を求めて季節的に場所を移転して蜜蜂を飼育し,蜂蜜又は蜜?を採取する行為をいう。

(許可)
第三条 転飼をしようとする者は,別記様式による転飼許可申請書正副2通を知事に提出して,許可を受けなければならない。但し蜜蜂飼育者の居住する同一市町村内での転飼については,この限りでない。
2 知事は,前項の許可をしたときは,転飼場所及び期間を記載した転飼許可証を交付する。

(変更許可)
第四条 許可を受けた事項を変更しようとするときは,その事由を書いた申請書正副2通を,前条第2項の許可証とともに,知事に提出して,許可を受けなければならない。
2 前項の許可をしたときは,前条第二項の規定を準用する。

(手数料)
第五条 前二条の規定によって申請をするときは,許可手数料を納入しなければならない。
2 前項の手数料は,巣箱一箱につき30円とする。
3 手数料は,相当額の岡山県収入証紙(消印しないこと。)を申請書にちょう付して納入しなければならない。
4 申請が許可されないときは,手数料は還付する。

(閉鎖・撤去)
第六条 知事は,第三条若しくは第四条の許可を受けないで転飼した者に対しては,巣門の閉鎖又は巣箱の撤去を命ずることができる。

(罰則)
第七条 左の各号の一に該当する者に対しては,5万円以下の罰金,拘留又は科料の刑を科する。
一 前条の規定による命令に従わない者
二 虚偽の事項を記載して第三条又は第四条の許可を受けた者
第八条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人,使用人その他従業者が,その法人又は人の業務に関し前条の違反行為をしたときは,行為者を罰する外,その法人又は人に対しても,同条の罰金又は科料の刑を科する。

附則
この条例は,公布の日から施行する。
別記様式は省略。