ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和25年4・5月

どうぶつ愛護に寄せて
応募入選作文!!

選後評

 3月21日の動物愛護の日に寄せて,県下中学校生徒の作文を応募したところ,多数の応募作品があり選考の結果次の6点を入選とした。
 選考に当っては各方面から慎重に見当を加えたが作文としては,賞に洩れた中でも佳作が見受けられたが,動物愛護の主旨から外れて其の生い立ち等に偏した向もあったが一般に動物に対する純情な愛情と鋭い描写,観察,細心な追及,書見の引用等その構想の大なるには一驚するような作品もあった,反面余りにも露骨な書見の引用と見受けられた作品もあった。
 然しなんと言っても『路傍に咲いている名もない草花でさえ愛を感じる』中学校生徒の清純な,ひたむきな動物に対する愛情に満ちた,これ等の作品に敬意を表すると共に,読むものをして誰か動物愛護の感深からしむることであろう。(係より)