ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和25年6月

肉加工部新設について

岡山種畜場 川崎 晃

 岡山種畜場に於て此度移転拡充を契期として,肉加工設備を完備し,試験研究を実施すると共に委託加工に応じ,更に実地指導に乗出すことになりました。
戦後のインフレの波に乗り豚の価格は高騰し一時は一番15,000円以上にも達し,豚攝Bに拍車をかけ一時は県下の頭数も10,000頭に垂んとしたのであります。
然し過剰生産となったところへ伝染病の発生等があって豚価は急速に下落し,農家の経済事情も手伝って買急ぎされたので頭数も激減し現在では其の頭数は5,000頭に減少したのであります。
 此のように養豚家が宙に浮いた養豚を行い価格に操られているのは地についた養豚をしておらぬためでありましょう。即ち農家経営と密着しないで遊離して養豚を単独なものとして扱っているためでありますまいか。
 豚増殖上に於て先ず第一に農業経営と有機的に密着させ自給飼料を最大限に合理的に利用し,糞尿を有効的に利用し更に家族の余剰労力を適当に充当し,豚飼養管理費を最小限とすることが必要であります。次に農家が安心して販売出来る所の販路の確立が必要であると思います。之に対しては各種団体,家畜商の方々が取扱って居られますが県,郡の農協畜産団体の積極的な御協力により一層全う出来るものと信じます。更に食生活の改善我国民の体位の向上を図る上に絶対必要な事は言うに及ばない所でありまして一方之は豚肉消費普及の面に於いても重要なポイントであります。此のような点から考えると,豚増殖上豚肉加工貯蔵設備は絶対的に必要なものであり,養豚業を推進さすものであります。
 当場に於いて肉加工貯蔵設備を完備し,保険栄養のため栄養価の高い蛋白質と脂肪の供源となる豚肉の加工を科学的に合理化し良い製品を作製すると共に,他面一般大衆の口に引合う所のものを作製し食生活改善,並に豚肉消費普及を推し進めようとするものであります。之に伴って一般よりの希望により委託加工にどしどし応じて実費を以って加工品を作製致します。
 更に国民保健上並に肉消費増加の目的を以て自家屠殺が許可されて居り,都道府県知事宛の許可申請書を地区保健所を経て提出し許可を得れば豚は自家屠殺出来,加工出来るのであります,そこで当場に於ては之の簡易加工法を普及するため実地指導に県下に参る計画で居ります。
 今後県下諸団体,諸賢の御鞭韃と御指導を御願いすると共に当加工部を最大限に有効に御利用さられん事を念願致します。