ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和25年6月

畜産ニュース

生産団体と荷受機関が直結する鶏卵(保證卵)共同出荷要領なる

 終戦後の物価騰貴のさ中に全国養鶏家の自主的運動として主要都市の病人乳幼児,妊産婦に政府割当による飼料を裏づけとして安価に鶏卵を提供した所謂特需卵制度も本年3月の飼料統制全面的撤廃を契機として廃止を余儀なくされたが,消費都市の荷受機関と直結して中間利潤を極力排除し鶏卵を計画的に供給することは生産,消費の両面から重要の意義をもとものとして,日本養鶏協会が指導的地位にたって保証卵(品質量目,代金決済の保証)なる名称の下に4月1日より特需卵制度廃止後の役割を演ずることになった。
 この取引の特色とする処は生産者団体が荷受機関に販売を委託し両者間の道義的観念に立脚し継続的な取引を行い,従来の地方鶏卵業者に往往見受けられる思惑による価格の調整等に警告を発するものであり,今後の鶏卵取引のあり方につき先鞭をつけたものとして業界より注目を浴びている。
 出荷要領は,下の通りとなっている。

保証卵取扱要領

一.集出荷機関は,養鶏関係団体とす。

二.荷受販売機関(岡山県関係)

荷受機関名 発送宛先
兵庫畜産食品株式会社 神戸市兵庫区新在家町神戸中央卸売市場内
兵庫鶏卵株式会社 同上
西部鶏卵株式会社 福岡市千代本町9

三.集出荷 日本養鶏協会指導のもとに集出荷機関が自主的に出荷先及出荷数量を定め荷受機関に販売を委託するものとす。
 集出荷機関は出荷計画を予め日本養鶏協会及び荷受販売機関に通知するものとす。

四.価格 荷受機関の買取価格及びマージンは予め運営委員会にて協議の上定めるものとす。

(イ)荷受機関の仕切価格は原則として入札により決定することとし特売を必要とする場合は入札価格を勘案の上,仕切価格を定めるものとする。
(ロ)入札により難い場合は成行相場とする。
(ハ)日本養鶏協会及び全国卵業協会は髄時入札に立会し仕切価格の適正を期するものとする。
(二)荷受機関の手数料は仕切価格の1.5/100とする。
(ホ)全国卵業協会は上仕切価格の0.5/100に相当する金額を出荷奨励費として提供し出荷成績優良の出荷機関に対しその出荷実績に応じて日鶏が交付する。

五.代金決済 着荷と同時に行うを原則とするも特別の場合は一部を仮払とし残金は遅くとも10日以内に精算するものとす。

六.出荷成績報告 集出荷機関は毎月の出荷数量を翌月10日迄に日本養鶏協会に報告するものとする。

七.荷造の改善及び品質,量目の保証。

(イ)集出荷機関は荷造改善に努力すると共に荷造容器に保証票を添付し責任を明らかにするものとする。
(ロ)定期的に荷抜検査を実施し品質及び規格の統一を図る。

八.運営委員会の構成は主要県の集荷機関及び荷受機関とし岡山県は京阪神地区及び九州地区に委員として指名された。

九.保証卵荷造規格は後日,日本養鶏協会より指示あり又レッテルも左協会より送附されるのでその間は保証卵と明記の上発送のこと。