ホーム岡山畜産便り岡山畜産便り昭和25年8月

瀬戸定期市場の近況

赤磐郡畜産連

 "売られて行く先は知らねども毎月1,7のこの日には朝6時半頃には続々と入場,8時9時頃には入場終り嫁に行くのかムコ行きか,そんな事はツユ知らねどいとも呑気な顔と顔,上り下りの山陽線,汽車が着く度毎に御客様の御入場さては自転車オート三輪,所狭しとパチパチと景気のよい音が朝の空へと飛び交う!!
 此処瀬戸定期家畜市場は交通の便と地の利を得,山陽線瀬戸駅より南へ約2丁,赤磐郡の最南部に位置し赤磐,上道,邑久,和気の各郡より入場し毎月1,7の6回開設,仕向地は県内は勿論兵庫,大阪,遠く奈良方面に販売を有し昔より瀬戸の肉牛として世に名声を博くしている。
 何といっても肉牛が主体で入場頭数は此処1年を見ると毎市平均60頭売買約7割,その中8割までが肉牛として出ている有様である。肉別で見ると雌,閹牛が多く雄,仔牛は少い。戦後食糧の不足は直接家畜に関係し2−3年間は往年の肉牛に比して一抹の淋しさを感じたが此処1年食糧事情の好転に伴い漸次太物が続出して来た事は喜ばしい現象である。肉付は7,8合のもの多く後一息という所で今後益々良いものが出るものと予想され昔の名を取り戻す日も遠くない事であろう。
 くるくる廻る糸車売られ売られて行く牛の毛色は同じ黒なれど出て行く牛は皆違う,よくもこれだけ居るものと心強くも驚くなり!!
 さしも賑やかな人と牛と自転車のこの群れも11時頃となれば全く終り後に残るは事務所の人間と牛の糞ばかり又次の市までと庭の青桐がぽつんと淋し相に……
 市場終り此処にも段々牛の糞
 最後に25年4,5,6月の3ヶ月の取引状況を御知らせします。
 (25.7.11)

25年4,5,6月取引状況表(瀬戸市場)
月 別 入場頭数 売買頭数 最  高 最  低 平  均 仕 向 地
4月 245頭 120頭 46,000円 7,000円 26,120円 県内 111頭
県外 9〃
5月 252〃 116〃 46,000〃 7,000〃 25,100〃 県内 89〃
県外 27〃
6月 251〃 146〃 58,000〃 7,000〃 27,400〃 県内 135〃
県外 85〃