ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和25年9月号 > 畜産便り購読者各位に御願い!!

畜産便り購読者各位に御願い!!

 本誌も購読者各位の絶大なる御援助により第10号の発行となりました。時代の変化と諸状勢に即応するため畜産人相集い会を結成し,下記規約により今後会員を募りたいと思います。
 つきましては,すでに御納入戴きました購読者各位の講読料は会費に切換えますから御了承願います。畜産便りの送付につきましては従来どおりであります。
 なお今後本会員加入御希望の方は1年会員200円,半年会員120円の会費を直接又は郵送の上お申込下さい。

岡山県畜産研究会規約

第一条 本会は岡山県畜産研究会と称する。
第二条 本会の事務所は岡山県経済部畜産課内に置く。
第三条 本会は畜産の知識及び技術の向上を図ることを目的とし,機関紙「岡山畜産便り」の発行その他必要な事業を行う。
第四条 本会は前条の趣旨に賛同する者をもって組織する。
第五条 加入希望者は申込みと同時に会費を納入し,会員となるものとする。
第六条 本会に下の役員を置く。
    会長1名,幹事,若干名,
    書記,若干名
第七条 会長は岡山県畜産課長をこれに充てる。
    幹事及び書記は会員中より会長これを指名し,任期は各々1年とする。
    但し,補欠のため選出された者の任期は前任者の残存期間とする。役員兼任はこれを妨げない。
第八条 会長は会務を総理する。幹事及び書記は会長の指揮に従い会務に従事する。
第九条 総会は毎年1回これを開催する。但し幹事会の議決を経たときはこの限りではない。
第十条 総会において議決する事項は次のとおりである。
 一.会則の変更に関すること
 二.本会運営上特に重要と認められる事項
第十一条 幹事会は会長が必要と認めたときこれも招集する。
第十二条 幹事会において議決する事項は次の通りである。
 一.予算及び決算に関する事項
二.会費の決定
三.総会の権限に属しない事項並びに総会において委任された事項
 四.その他必要と認める事項
第一三条 本会の経費は下の各号の収入をもってこれに充る。
 一.会費
 二.広告料
 三.寄附金及びその他の収入
第一四条 本会の会計年度は4月1日から翌年3月末日までとする。
   附則
 この規約は昭和25年10月1日から施行する。