ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和25年9月号 > 飼料用大豆粕割当配給される

飼料用大豆粕割当配給される

 今回,飼料用大豆粕約220トンが種畜種禽並びに搾乳牛に対して割当された。左飼料の配給については目下,県畜産課において鋭意準備中であり,大体9月末頃市町村を経由の上,各消費者に購入切符を配付の予定である。飼料用大豆粕の受配期間は10月31日までであるからこの期間中に,希望の飼料用大豆粕の販売業者(販売業者名簿は県公報告示7月11日付第442号並びに8月1日付第487号に登載しであるから参照されたい)に購入切符予約券を提出して購入予約されたい。左の期間を経過すると,購入切符が無効となるから注意されたい。
 なお価格は未だ決定していないが16〆当り1,500円程度になる模様である。