ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和25年10月号 > 着々完成近づく種雄大放飼場

畜産ニュース

着々完成近づく種雄大放飼場

 岡山県養鶏農協でかねて懸案となっていた種雄共同育成所建設計画も岡山市福島,旧立川飛行場跡約1万坪の払下完了と同時に着々建設事業が進捗し明春完了の予定で本施設完備の暁は該地の広大な敷地を利用し名実共の大放飼場と現場検定用鶏舎が出現し種鶏改良上多大の期待がかけられている。