ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和25年11・12月号 > 第2次緬羊購買終る

畜産ニュース

第2次緬羊購買終る

 本年度第2次緬羊購買は,畜産課加本技師により山形県に於て行われた。
 今度は濠州羊毛の値上りのため輸入困難と,特需関係により,毛製品の価格暴騰等のため,購入希望者が激増し,第1次第2次を合計すると,補助金対象予定頭数を遥かに突破したので,折角希望されたに拘らず希望に副えなかったことは甚だ残念である。
 購入頭数は雌92頭,雄72頭計164頭の多数に及び,雄平均4,100円,雌平均6,100円であった。丁度緬羊の種付期及び羊毛の値上,又東北地方は早期供米のため,貨車の入手難等の悪条件にも拘らず目的通りは購買された。
 緬羊は養蚕農家に配付され,養蚕と畜産とを結合し,農家経営の多角化がはかられるわけである。