ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和25年11・12月号 > 公認326卵に輝く橋田種鶏場

畜産ニュース

公認326卵に輝く橋田種鶏場

 農林省岡崎種畜牧場実施の産卵能力検定(365日間)は本春流行の原因不明の下痢症のため予期の成績を収めることが出来なかったが,本県出陣にかかる橋田種鶏場49−115号単冠白色レグホーンは産卵数326個,重量18,374.5gで産卵数,重量共に最高位第1席を獲得した。
 なお岡山種畜場検定(365日間)では同氏出品の49−76号と49−79号横班プリマスロック鶏が何れも300卵以上の成績を独占し万丈の気を吐いた。