ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和26年2月号 > 昭和25年度農業改良普及員資格試験問題

昭和25年度農業改良普及員資格試験問題

 去る1月10日から4日間,岡山農専及び岡山県立農事試験場で,昭和25年度農業改良普及員の資格試験が実施された。10,11の両日は筆記試験,12,13の両日は口答試問であった。受験者は農業改良普及員177名(内21名は畜産出身),生活改良普及員48名,無試験検定17名(農業関係のみ)であった。合格発表は2月10日の予定である。
 なお当日実施された筆記試験は下記のとおりであった。

家畜飼養問題

一.家畜の5栄養素を挙げ,各々の生理的効用を簡単に述べよ。
二.飼料の栄養価査定法のうち3種を挙げ,それらの意義を簡単に述べよ。
三.下記の場合,飼料給与上注意すべき事項を簡単に述べよ。
(1)乳牛の分娩前後
(2)豚の育成中
(3)鶏の産卵中
四.下記の事項を簡単に説明せよ
(1)牧野(2)飼料木 (3)薯糠飼料 (4)生産飼料 (5)アマイド

家畜生理及び衛生問題

一.牛馬の健康判断上留意すべき事項を列挙せよ。
二.畜舎の消毒に用うる薬品を5つあげその使用法を簡単に説明せよ。
三.下の疾病の原因と,その予防法を記せ。
 イ.馬の流行性脳炎
 ロ.牛のトリコモナス
 ハ.鼓張症
 ニ.山羊の腰摩痺
 ホ.鶏痘
四.次の事項を説明せよ。
 イ.免疫血清
 ロ.黄体
 ハ.生理的食塩水
 ニ.ヴイルス(ヴァイラス)
 ホ.フェノチアジン

畜産問題

一.今後の岡山県の農業経営上中小家畜の在り方につき記せよ。
二.牛乳(原料乳)の生産費を引下げるには如何なる点に留意しなければならないか必要な条件を列記せよ。
三.肉牛の素牛を選択するには如何なる点に留意しなくてはならないか知れる処を列挙せよ。
四,次の事項につき知れる処を記せよ。
(1)ブラウンスイス
(2)ベーコン
(3)技肉
(4)バタリー鶏舎
(5)分封

農政事時問題

一.農村が金詰りを生じた主な原因3つ挙げて説明せよ。
二.農業改良助長法と土地改良法の事業目的の異なる点を述べよ。
三.下記事項について簡単に述べよ。
(一)国際小麦協定はどんなことをするか。
(二)農業手形制度で農家が掛買できる農業生産資材の種類を挙げよ。
(三)岡山県昭和26年産麦類の生産目標数量は何万台か。
(四)昭和25年産米1石当(3等標準)生産者価格は何円に決定されたか。

病害虫問題

一.麦種子二重消毒法(ウスプルン液浸・風呂湯浸)の方法並に必要なる理由について説明せよ。
二.下記病害の伝染経路につき簡単に記せ。
(1)稲萎縮病
(2)小麦縞萎縮病
(3)稲胡麻葉枯病
(4)甘藷黒斑病
(5)馬齢薯輪腐病
三.本県南部及び北部における稲作重要害虫各2種をあげ加害状況並に防除法を説明せよ。
四.下記事項について記せ
(1)変態
(2)桃果の重要心喰虫3種の名称
(3)B・H・C水和剤●5%のものをもって●0.05%液1斗つくるに要する薬量を算出せよ。

農業経営問題

一.日本の農業において当面の土地の生産性と労働の生産性とどちらに重点をおくべきか述べよ。
二.次の条件にある農家が有畜農業経営を目標に経営の改善を企団している。如何なる方法によれば目標に近接せしむることが出来るか具体的経営改善の進め方を述べよ。
農家の諸条件
(1)本農家の位置=岡山県中部水田二毛作可能な地帯で岡山市よりの距離7−8里程度ある村
(2)家族関係=父60才,母57才,長男28才,長男妻25才,長子5才,長女3才
(3)経営面積=水田6反,畑1反,採草地なし
(4)其他=山羊(牝1)鶏3羽,大農具,足踏脱穀機1台,動力脱穀機(3戸共同)1台程度
資産状態は所謂中の下程度とする
三.次の各項について簡単に述べよ。
(1)除草剤2.4−D
(2)生産費
(3)余剰労力
(4)田畑輪換
(5)経営規模
(6)耕地利用率

土壌及び肥料問題

一.硫酸アンモニヤの長所と欠点をあげ説明せよ。
二.腐植の(土壌学的)効果につき記せよ。
三.次の事項を簡単に説明せよ。
(1)燐酸吸収係数 (2)置換酸度 (3)沖積層土壌 (4)塩基置換
(5)最少養分率 (6)乾土効果
四.下列(左)の肥料と下列(右)の肥料と配合して差支ないもの(物理的及び化学的に不変のもの)を線で結び合せよ
 硫安        塩化加里
 石灰窒素      過燐酸石灰
 塩安        溶成燐肥
 尿素        焼成加里明礬石粉末
           木灰
           硫酸加里

農機具問題

一.近頃次のような農機具が相当宣伝せられ,又普及の趨勢にあるがこれが導入利用に対してどんな見解を持っているか極く簡単に記述せよ。
(1)空冷式高速エンジン
(2)ハンド・トラクター
(3)二段耕犁
二.熟語と関係のある農機具とも線でつなげ。
 熟語         農機具名
 使用圧力       犁
 力率         製莚機
 下撚         発動機
 刃渡         電動機
 筬目割        水車
 歯先周速度      精米麦機
 搗精率        鎌
 ノッキング      噴霧器
 実揚程        揚水ポンプ
 電力量        製縄機
 天然落差       脱穀機
 むけ歩合       籾摺機
 衝程         
 ロール間隙
 れき反転 
三.次の[ ]の中に適当の文字又は数字を記入せよ。
(1)反撥起動型[ ]相電動機を運転する電線は[ ]本でその電圧は[ ]ボルトでも[ ]ボルトでもよい。
(2)農事用[ ]相誘導電動機を運転する電線は一般に[ ]本でその電圧は[ ]ボルトである。
 但し単相運転する場合は電圧[ ]ボルトの電線[ ]本で[ ]を使用しなければならない。
(3)畜力除草機の型式には[ ]型[ ]型[ ]型の3種があるが一般的には[ ]型がよいと思う。
(4)自動耕運機の耕転部の型式には[ ]型[ ]型[ ]型の3種があるが本県では主として[ ]用として[ ]型が使用されている。

作物及び園芸問題

一.水稲における本田の灌漑について記せよ。
二.麦の春播性程度と栽培上の注意事項について述べよ。
三.次の文中( )中に適当な字句を入れ[ ]の中の不要な箇所を消せよ。
 甘藷の統制が撤廃されてから畑作転換作物として大豆や特用作物が多く採り入れられるようになった。大豆の増収には品種を選ぶことが必要である。岡山県では奨励品種として( )( )( )の3種類があり,いずれも[夏型,中間型,秋型]である。又特用作物を作るにはよくその土地の環境にあったものを採り入れなければならぬ。岡山県の南部地帯に生産されるものに先ず薄荷がある。岡山県の薄荷にはその主成分( )が多いので世界的に有名であり,これは主として[茎,葉,根]に多く含まれている。除虫菊の主要成分( )は冷血動物に対してのみ毒性があり[花が咲き始め,5分咲き,9分咲き乃至満開]の時分に収穫すると成分の含量が多い。この2つは何れも収穫期に[雨の多い,雨の少ない]地方が適している。北部地帯には先ず蒟蒻がある。これは[秩父古生層,花崗岩]地帯に主産地があり,茶も同様な地帯に品質のよいものが生産される。茶の主成分は( )と( )で前者はうま味,後者は渋味をあらわす。次に椿,三椏がある。これ等は何れもその( )を利用して紙を造る。この他苧麻,大麻,亜麻等も何れもその( )を利用するものであり,亜麻及び大麻は種子で,苧麻は( )で繁殖する。水田利用の特用作物としては先ず藺草がある。戦前は殆んど南部地帯に限られていたが最近適品種の導入栽培技術の改善によって中北部地帯にも作られている。現在岡山県で奨励されている品種は( )である。畳表として利用するのは[茎,葉]で繁殖は[地下茎,挿木,種子]で行う。又菜種も中北部地帯の一毛作田を利用して栽培するものが多くなって来た。この地帯の水田で作るのには( )( )のような早生種を選択することが必要である。
四.果樹園の粗植間伐が奨励される理由を説明せよ。
五.岡山県に於ける次の果樹(生食用)の奨励品種名をあげよ。
 桃 梨 柿 葡萄
六.種なし西瓜はどうして出来るか,栽培上特に留意を要する点も併記せよ。