ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和26年4月号 > 作州農村の青年諸君に望む

作州農村の青年諸君に望む

津山畜産農場

 △食糧の増産,国民体位の向上を図ることは吾国再建の基盤であることはここに喋々を要しないところでありますがこの目的を完遂するのに畜産の増殖並びにその健全な発展に俟つことの大なることも亦お互によく知っていることであります。由来作州の地は本県は申すに及ばず吾国における畜産地として任せられているところであり近年乳牛養鶏緬山羊においても急速なる発展をなしつつあって将来宜しきを得れば農業経営部面において他地方の模範となり得るでありましょう。

 △新聞によれば講和会議も近い様であり吾が国が他国と伍して行く日も遠くなさそうであります。将来の日本は何れの部面においても飛躍的発展をなさねばなりませんが農業関係においても最近の科学をとり入れ技術の進歩向上と経営の刷新を断行しもって農業の合理的経営を図り世界経済の一環としての農業たらしめなければならないと思います。

 △由来吾国農村の実状は封建的傾向が強く祖先伝来の土地を守り農業技術においても親から伝授を受けた方法により余り変化のない経営を毎年繰返すに過ぎないものが多くそこに進歩的な研究により総べての部面に積極的な改善を企図しこれを力強く実行する向が比較的少い状況にあったことは否めない事実であると思います。これが近来漸次自覚される様になり部落等で農業経営の刷新改善に関する方策が真剣に研究されているのは洵に慶ばしいことであります。

 △長男は親の跡をつぎ家を守って農業に専念する場合が多いのは古来吾国の慣習であり時代は変ってもそうあることが多い様であります。これは結構なことではありますが自分の代になれば以前よりも数歩進んだ合理的経営となすべく努力しなければならないと思います。即ち将来の農業振興は青年の力に俟たなければならないのでこれ等春秋に富み迫力のある青年諸君がよく時代の趨勢を見て只親譲りの方法でなく研究的な熱意をもって進歩した技術を習得しこれを自家の経営に採り入れてこそその目的が達せられるものでありましょう。

 △作州の農家には和牛は大方飼って居られることと思いますが和牛にしても時代と共に変って行き昨日の和牛は今日の和牛ではありません。乳牛養鶏緬羊等に到っては作州地方は未だ比較的新しくこれ亦日と共に進歩している状況でありますか様な事情でありますから筆者は家をつがれる長男諸君には特にこれらをよく習得して貰う必要があると信ずるものであります。

 △当場は主として作州地方における畜産の改良増殖,有畜営農を推進すべき使命をもって設置せられ職員一同この趣旨に則って日夜邁進している訳でありますが作州地方の青年諸君がこの生きた実践的場所において畜産の実際を充分に体験せられ自家のものとせられんことを念願しております。このため練習生の制度を設け身体強健で健全な思想の持主であれば誰でも歓迎し出来る丈の御世話をすることにしております。

 △これは吾国伝来の思想とも思われますが練習生として当場に入場し終了の上は何か特定の資格を付与され又は将来の就職等を約束出来るが如き考えをもって来られる向きもありますが当場の練習生制度は前にも述べました通りどこ迄も農家の実際の仕事に直結した技術の習得であることを御了知願います。家畜も多数に飼養しており夫々の係には専門家も居ることでありますから積極的に研究し体得しようと思えばいくらでも出来ます。永く居ってもただ機械的に動いているのでは何時迄たっても身につきません。勤労精神を基とし生きた実際的畜産技術を習得して貰うのが当場の方針であります。この意味において元気な青年諸君が多数来場され職員一同と共にこの高原において家畜を友として共に働き,共に研究することは洵に嬉しいことであります。

 △作州の青年諸君!! 奮って当場を活用せられる様希望します。丁度年度替りで当場においては練習生を募集して居りますから希望の向は直接申出で下さい。(26.3.7記)