ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和26年4月号 > 食糧庁指示による麸及び麦糠について

畜産ニュース

食糧庁指示による麸及び麦糠について

 食糧庁長官の指示に基く政府所有玄麦の委託加工により,3,4月中に生産される麸及び麦糠の60%は実需者へ販売しなければならないことになっているが岡山食糧事務所と協議の結果これが需要者の購入は下記により実施することとなった。

一.実需者の購入方法

 1.県は4の畜産の業種別割合を食糧事務所に通知し食糧事務所は上の割合を加工業者団体に加工業者団体は傘下の加工工場に指示してこの割合により麸及び麦糠を販売するよう周知せしめる。
 2.実需者及びその団体は加工工場と連絡の上4の畜産の業種別割合により購入する。
 3.実需者及びその団体にして加工工場から遠隔の地にある等の関係で直接加工工場より購入しがたい場合は適当な者に委任の上購入する等の方法を講ずること。
 4.実需者又はその団体にして購入希望のない麸及び麦糠は次の要領により処置する。
(イ)麸は5月10日をもって実需者への販売の指示を解消し加工工場において自由に処分しても差支えないこととする。
(ロ)麦糠はその特殊性よりして生産日時より10日を過ぎたものについては実需者への販売の指示を解消し加工工場において自由に処分しても差支えないこととする。

二.価格

 1.麸
  工場渡し裸30sに付440円以内
 2.麦糠
  仕上糠 工場渡し裸30sに付300円以内
  荒糠      〃     150円以内
  混合糠     〃     220円以内

三.政府所有玄麦の委託加工により3,4月中に生産される麸及び麦糠の60%に相当する見込数量

 1.糠 242t
  日清製粉株式会社岡山工場(岡山市下石井)が42t,県販連製粉クラブ(岡山下石井)岡山県製粉製麺工業協同組合(岡山市山崎町)及び高速度製粉工業協同組合(岡山市上石井327)の各団体傘下の各加工工場が200tを生産の見込である。
 2.麦糠1,208t
  ?麦糠 520t。大麦糠 688t県販連及び岡山県製麦工業協同組合(岡山市上石井)傘下の各加工工場において生産の見込である。

四.畜産の業種別割合

 1.麸,?麦糠及び大麦の混合糠,仕上糠
 2.大麦の荒糠
  和牛(主として種牡牛及輓牛)…10%……………15%
  乳牛(主として搾乳及び種牡牛)…30%……………45%
  馬(主として種牡馬及び挽馬)…27%……………40%
  豚(主として種豚)…3%
  鶏(主として種鶏)…30%