ホーム岡山畜産便り復刻版 岡山畜産便り昭和26年8月号 > 昭和26年度種鶏検査申請

畜産ニュース

昭和26年度種鶏検査申請
締切8月15日

 昭和26年度種鶏検査は昨年と同様種鶏組合,孵化場の両者間で自主的に適格者を合議選択して,地区種鶏組合長又は孵化場において,下記様式に従い一括取纏めの上,各郡地方事務所経由で8月15日迄に申請書を県宛提出することになったから,希望者は期限迄に申請されたい。
 なお種鶏場の能力別指定については昨年は兎角の批判もあり,その内容について充分検討を要すべき点も認められたので本年は一応原種鶏場,甲種鶏場,一般種鶏場の三段階制として別記基準によりこれを指定し,組織的蕃殖と改良意欲の増進に資したいから,これに該当する向は極力推薦されたい。

(申請書様式)
年月日
申請者代表の住所
地区組合名 上氏名 ?
岡山県知事 三木行冶殿

種鶏検査申請について

昭和26年度種鶏検査を受検致したく別紙調書を添え申請致します。
(別紙調書)

受検者住所 氏   名 種 類 受検羽数 総 計 種卵出荷先孵化場名
初 年 鶏 2年鶏以上
                     

【備考】
一.種鶏場の飼養羽数は百羽程度を目標とする。
二.原及び甲,種鶏場候補には申請書の住所欄上部に〇印を附すること。

原,甲種鶏場指定基準

一.原種鶏場

 イ.種鶏改良計画に積極的に協力し得るもの。
 ロ.現に種鶏改良に専念し飼養鶏は前二代の血統明確なること。
 ハ.単交配舎を有し,年間産卵能力調査を実施していること。
 ニ.系統蕃殖に必要な帳簿を備え記録していること。
 ホ.白痢検診の結果その成績優良であること。

二.甲種鶏場

 イ.種鶏改良計画に協力し得るもの。
 ロ.飼養鶏の血統明確なること。
 ハ.トラツプネスト設備を有し,産卵実績により駄鶏の淘汰を励行し得るもの。
 ニ.白痢検診の結果優良であること。

三.一般種鶏場の基準は前年と同様であるが種鶏検査の結果,白痢保菌率7%以上の場合は再検診を実施するも再検診に伴う手数料は徴収する。