ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和26年11・12月号 > 県共進会雑感

県共進会雑感

 流感に災されて伸び伸びとなっていた県共が20日から開催ときまって各郡の共進会も殆んど一斉に蓋開となり,本年程共進会のあわただしい秋は無かった。
 共進会と言えば一部人には上つ調子になって飲んだり食ったりのドンチャン騒ぎを演ずるもの位に考えてる人もある様だが,之はトンデモナイ認識不足で出品する人も関係者も審査する側も最近ではむしろ苦痛に思う程になっている。
 何分高価な生き物で而も大きな牛では運搬から食い物でも大変な世話ではあるし出品者の心痛は並大抵ではない筈だ。
 近年の出品牛は改良が進歩して優劣の差が極めて接近してきたので,審査側も仲々容易な術ではない。それに一般の審査眼が非常に進歩して居り,審査に対する批判も仲々するどい。曾つて昔は政治的な配意をして順位等級を考えた様だが最近はどこまでも厳正公平に決定していることは明朗化した傾向である。
 本回の共進会は気使われた天候も支障なく,何等の事故もなく実に整然として秩序よく遂行された。之は共進会事務当局の非常な努力が払われて居るし,又出品者と出品郡の畜連の方の御骨折が目立っていた様だ。
 例年何かの手違いやら支障があったりして何かとゴタゴタするのがおきまりだが,この点でも本回はここ数年間の共進会では正に白眉と言ってよかろう。
 殊に地元畜連の和気郡は実に鮮やかな進行振り手配ぶりを発揮され万端滞りなく運ばれたことは特筆と値するものである。
 地元の協賛会の方も誠に立派であり,失礼な話だがチョット想像以上のものであった事を附け加えておきたい。
 ところが逆に産地側の某郡代表者等が例年の事乍ら審査に対する不満を喧伝したり,販売に関しての不平を鳴らして中傷する様な不体裁な言動があった様だが之など勿論相手にはされない事乍ら,県共進会当事者の体面も傷つけることであり又,折角の有名なる生産地の代表として恥しい事でもある。
 扨て出品牛については審査報告に言い尽されているが,年々粒が揃ってくる事は実に改良の実績が向上している明らかな証拠である。
 而も出品者の熱の入れ方は恐らく共進会を見ない人には,百聞一見に如かずの喩えにもある様に通じかねまいが,朝は早くより夜は牛の横に寝て撫でさする手の込み様は感激の外はない。
 共進会を見る人も唯綺麗な牛だと感嘆はしてるが,2日や3日撫でさすっても決して牛の所謂ひかりは出てくるものでなく,又あれ丈馴致されてる行儀の良さも,1日や2日の事ではない事を知って頂き度い。手の入れ様では家畜はどんなにでもなる事を共進会ははっきり教えてくれるものである。口では動物愛護を説けるが手では容易に示されるものでないものである。
 産地から言えば阿哲が独占の形であるが最近ボツボツ真庭・川上・上房・苫田・久米・吉備・御津等が台頭して居り,殊に育成の技術も段々向上してきた事は良い傾向である。
 良牛は環境にもよるが人が作る要因が大きい。作州でも中南部でも良牛が出来ない理由は少しもない。改良の為には色々の方針を確立しなければならないが,立地的に改良すべき重点をおいてその為には少々のあい路や障害は乗り越えてゆかねばならないだろう。
 大いに今後努力を願いたいものである
 褒賞授与式には県会議長を初め県会議員諸氏も多数列席せられ実に厳粛にスムースに挙式せられたし従来の例を是正して省略すべき事は省いて時間を節約された事は式が往々に終りになるに従いダレル嫌いがあるのを旨く取運ばされたものとして結構であった。
 今後の共進会の如き催しも次第に虚を捨て実につく様にして無駄を省いてゆかねばならないし又関係各位も真剣な態度で臨まなくてはならない。然し無暗みに等級にとらわれ順位を競うの余り反って不体裁なことを公衆に印象づけることは畜産人としての慎しまねばならない問題である。民主的な方法は良いが紳士的でない者は最早や例外に置かねばならない
 今後は大いに反省と友愛を以って畜産の改良に増殖に手に手をとって進み度いものである。以上多少の横道に入ったが本回の共進会は全般的に大成功裡に終ったと言える。この効果も体験も今後大いに検討して生かしてゆき度いと考える。