ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和26年11・12月号 > 外地引揚獣医師の調査

畜産ニュース

外地引揚獣医師の調査

 畜産局では終戦後外地から引揚げた者でその当地の外地諸法令によって,獣医師の免許を受けているものや免許を受ける有資格者について,その現状を調査するため各都道府県の次のような要領で,11月23日迄に報告するよう依頼された。

一.満州国・朝鮮及び台湾の獣医師,若しくはそれ等の獣医師の免許を受ける資格を有した者の氏名,住所

二.上に掲げた地において獣医師の免許をうけ若しくは免許をうける資格を得た方法(学校卒業者ならば学校名,又は試験等)

三.それらの者の引揚げ若しくは復員年月日

四.現在の就業状況,但し本調査においては日本の旧獣医師法の規定に基く獣医師免許証を所有する者は除外すること。