ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和27年2月号 > 岡山県の有畜農家創設の構想

岡山県の有畜農家創設の構想

三秋技師

 聞き慣れた言葉であるけれど,米麦一辺倒に基く我が農業の低位生産性の向上と,更には国民営養の見地から,農家に対する家畜の導入を促進して,無畜農家を解消するという,画期的な畜産振興対策が,"有畜農家創設要網"という名において農林省畜産局で立案され,更に一方有畜農家創設維持に関する民間の強力な要望に応え,衆議院では11月26日,参議院では11月28日,夫々「無畜農家解消に関する決議案」が可決され,第13国会に堂々の歩を進めることのなったのである。
 国における有畜農家創設の10ヵ年計画によれば無畜農家335万戸中,有畜化可能農家127万戸を有畜化することとし,第1次計画としては経済自立計画に基き27年度から29年度に至る3年間に約50万戸を有畜化するものである。
 本県においてもこの有畜農家創設という畜産振興施策に対する構想を次の如く纏め,現在,各分野に亘る施策を検討立案中である。
 即ち本県17万7,000戸の農家中,有畜農家を9万7,000戸とつかみ,残りの無畜農家8万戸のうち,経営規模と経営形態から見て,有畜化が可能であり,且つ必要とするものを,3万8,000戸と抑え,これを少くとも10ヵ年以内に有畜化することとし,第1次計画として経済自立3ヵ年計画に基き27年度より3ヵ年間に1万5,000戸を有畜化するものである。

第1次創設計画

年次 創設
戸数
家畜別創設戸数(戸)
乳牛 和牛 緬羊 山羊
27年 6,140 480 4,000 50 720 450 440
28年 4,600 360 3,000 40 540 330 330
29年 4,210 360 2,750 40 490 300 300

勿論,こうした計画は過去の家畜増殖5ヵ年計画等を回顧するときに,為政者においていきおい強い自省の念を,よびおこさねばなるまい。
 それは単なる数字のネツ造による自己満足であってはならないし,現実を遠くはなれた,架空の遊びであってもならない。
 こうしたことを考え合わすとき,今回の施策は,それが永年の間の懸案であり,畜産振興の=我が国農業の土地,労働の生産力向上によりよる飛躍的発展の起因となるものであるが故に,現実の中にこの計画の樹立と実施を運ばねばならないと言うことを強く観念の中に,うえつかせねばならないと思う。
 存在するものは合理的なりと西方の経営学者は唱えているが,まさしく今回とりあげる無畜農家も,その農家を取りまく環境においては合理的でさえあるのではなかろうか。
 我々は有畜農家創設という施策の樹立の前に食糧政策の改変をさえ望みたい。

郡 市 名 総農
家数
有畜
農家数
牛飼養農家数 内訳 馬飼養
農家数
緬羊飼養
農家数
山羊飼養
農家数
豚飼養
農家数
無畜農家数 有畜可能農家数 有畜不可能農家数
和牛 乳牛
岡山市 2,765 (906) 764 634 (620) 616 (18) 18 (196) 106 (4) (50) 9 (22) 15 2,001 1,137 864
倉敷市 2,243 (973) 899 856 (852) 852 (11) 4 (38) 23 (8) 2 (47) 3 (24) 15 1,344 773 571
津山市 2,308 (1,535) 1,416 1,352 (1,311) 1,303 (69) 49 (43) 31 (4) (104) 14 (32) 19 892 325 567
玉野市 708 (89) 68 56 (55) 55 (1) 1 (6) 5 (24) 6 (3) 1 640 82 558
児島市 1,852 (244) 193 166 (156) 156 (11) 10 (9) 8 (5) 1 (55) 14 (9) 4 1,659 445 1,214
御津郡 9,272 (5,786) 5,335 5,100 (5,064) 5,049 (56) 51 (290) 145 (18) 5 (278) 34 (100) 51 3,937 2,135 1,802
赤磐郡 8,734 (6,487) 6,108 5,995 (5,972) 5,972 (34) 23 (67) 34 (26) 4 (342) 29 (57) 46 2,626 877 1,749
和気郡 6,530 (4,232) 3,962 3,743 (3,713) 3,713 (40) 30 (144) 75 (27) 11 (223) 50 (95) 83 2,568 383 2,185
邑久郡 8,173 (5,171) 4,596 4,313 (4,118) 4,087 (322) 226 (304) 160 (36) 10 (426) 34 (92) 79 3,577 1,647 1,930
上道郡 6,633 (3,826) 3,240 2,810 (2,761) 2,761 (69) 49 (764) 380 (12) 6 (205) 15 (35) 29 3,393 2,137 1,256
児島郡 10,359 (4,196) 3,906 3,724 (3,568) 3,568 (201) 156 (129) 64 (21) 7 (250) 49 (72) 62 6,453 3,274 3,179
都窪郡 8,093 (4,746) 4,491 4,362 (4,333) 4,333 (33) 29 (184) 92 (41) 11 (131) 10 (28) 16 3,602 2,083 1,519
浅口郡 15,193 (4,304) 3,251 2,938 (2,590) 2,584 (393) 354 (41) 20 (31) 12 (626) 52 (668) 229 11,942 5,988 5,954
小田郡 13,454 (6,470) 5,843 5,604 (5,465) 5,424 (200) 180 (23) 12 (141) 17 (409) 30 (293) 180 7,611 3,262 4,349
後月郡 5,746 (3,149) 2,927 2,835 (2,797) 2,797 (50) 38 (16) 8 (61) 8 (125) 9 (112) 67 2,819 1,308 1,511
吉備郡 11,325 (7,390) 6,851 6,614 (6,581) 6,581 (43) 33 (176) 91 (79) 18 (399) 38 (122) 90 4,474 2,107 2,367
上房郡 6,326 (4,667) 4,315 4,236 (4,231) 4,231 (7) 5 (125) 13 (32) 3 (200) 23 (74) 40 2,011 1,105 906
川上郡 6,960 (5,255) 4,912 4,831 (4,829) 4,829 (5) 2 (62) 8 (34) (259) 29 (69) 44 2,048 1,036 1,012
阿哲郡 7,842 (6,165) 5,654 5,607 (5,602) 5,602 (14) 5 (361) 20 (2) (164) 17 (31) 10 2,188 1,194 994
真庭郡 9,688 (7,833) 6,551 6,363 (6,270) 6,270 (107) 93 (755) 60 (81) 8 (508) 40 (126) 80 3,137 1,708 1,429
苫田郡 8,199 (6,798) 5,730 5,597 (5,549) 5,549 (71) 48 (267) 14 (49) 10 (789) 69 (96) 40 2,469 1,204 1,265
勝田郡 9,948 (8,320) 6,595 6,435 (6,327) 6,327 (135) 108 (417) 21 (35) 1 (1,283) 79 (150) 59 3,353 1,456 1,897
英田郡 6,855 (5,015) 4,470 4,413 (4,403) 4,403 (10) 10 (62) 8 (11) 1 (470) 35 (59) 13 2,385 1,126 1,259
久米郡 7,872 (6,118) 5,184 5,111 (5,075) 5,075 (62) 36 (90) 9 (15) (815) 6 (87) 58 2,688 1,581 1,107
177,078 (109,675) 97,261 93,695 (92,242) 92,137 (1,962) 1,558 (4,569) 1,407 (773) 135 (8,182) 694 (2,456) 1,330 79,817 38,373 41,444

(備考)( )内の数字は,センサスに現われている飼養農家数である。    この表の数字は25年2月1日の世界農業センサスに依る。

家畜別 現在頭数
(25.2.1)
有畜農家創設に
基く目標飼養頭数
要増加頭数 有 畜 農 家 創 設 計 画
家畜別創設農家数 右による飼養頭数
和牛 110,384 135,000 25,000 25,000 25,000
乳牛 2,942 6,000 3,000 3,000 3,000
4,733 5,000 350 350 350
緬羊 984 10,000 9,000 4,500 9,000
山羊 9,351 15,000 5,600 2,800 5,600
4,477 10,000 5,500 2,750 5,500
38,400

註 各年次別創設農家戸数の比率は初年度16%2年度12%3年度11%第4年〜第9年迄9%第10年7%である。

家畜別,年次別,有畜農家創設計画

年 次 創設戸数 和牛 乳牛 緬羊 山羊
戸数 頭数 戸数 頭数 戸数 頭数 戸数 頭数 戸数 頭数 戸数 頭数
第1年 昭27 6,140 4,000 4,000 480 480 50 50 720 1,440 450 900 440 880
第2年 昭28 4,600 3,000 3,000 360 360 40 40 540 1,080 330 660 330 660
第3年 昭29 4,210 2,750 2,750 330 330 40 40 490 980 300 600 300 600
第4年 昭30 3,440 2,250 2,250 270 270 30 30 400 800 250 500 240 480
第5年 昭31 3,440 2,250 2,250 270 270 30 30 400 800 250 500 240 480
第6年 昭32 3,440 2,250 2,250 270 270 30 30 400 800 250 500 240 480
第7年 昭33 3,440 2,250 2,250 270 270 30 30 400 800 250 500 240 480
第8年 昭34 3,440 2,250 2,250 270 270 30 30 400 800 250 500 240 480
第9年 昭35 3,440 2,250 2,250 270 270 30 30 400 800 250 500 240 480
第10年 昭36 2,810 1,800 1,800 210 210 30 30 360 720 210 420 200 400
38,400 25,050 25,050 3,000 3,000 340 340 4,510 9,020 2,790 5,580 2,710 5,420

昭和27年度家畜動態予想 岡山県

家畜別 地方内の移動 地方外との移動
生産 死殺 その他(更新,補充,導入) 移入 移出
T U V W T U V W T U V W
乳牛 1,450 980 120 100 150 150 520 60 30 60 60 210 40 20 70 70 200
役肉牛 29,020 12,000 4,000 4,000 4,000 4,000 16,000 1,000 1,000 1,000 1,000 4,000 4,000 4,000 4,000 5,000 17,000
200 50 30 50 30 20 130 150 200 180 170 700 130 180 160 130 660
綿羊 975 666 100 200 -― 300 500 500
山羊 8,007 6,945 300 500 800 100 100
14,355 12,904 500 500 500 500 2,000 100 100 500 250 500 250 1,500

備 考(1)T U V Wは四半期別をしめす。
   (2)地方外よりの導入について購入地等の希望は別記すること。
      乳牛  北海道,静岡,千葉,石川,兵庫,大阪,広島
      役肉牛 兵庫,広島
      馬   北海道
      緬羊  福島,山形
      山羊  長野
      豚   神奈川,静岡