ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和27年8月号 > 中国種馬登録協会臨時総会

畜産ニュース

中国種馬登録協会臨時総会

 昭和27年度中国種馬登録協会臨時総会が去る6月15日広島市雑魚場町,鯉城会館において開催された。その内容は次のとおりである。

◎出席者

会長 惣津 律士
農林省鳥取種畜牧場 禰屋 照夫
監事 宮本  武
理事 荒金幸四郎
上同 平田 貫六
岡山県支部 花尾 省治
上同 内田 末寿
鳥取県支部 白間  実
島根県支部 三島  功
山口県支部 小田 道次
上同 小川 芳明
広島県支部 山村  弘
上同 八重垣徳光
上同 平川 角太
上同 山口  定
上同 井手本善衛
上同 中山 悦介

◎決議次項

第一号議案 昭和26年度事業成績報告
第二号議案 経費収支決算
第三号議案 連合共進会出品馬割当について

◎昭和26年度事業成績

○入会者及登録馬,登記馬一覧表

支部名 入会者 種馬登録内訳 産駒登
記馬数
特級 1級 2級 3級
山口 16 1 2 1 1 5 51
島根 43 1 9 16 7 33 95
岡山 46 5 9 11 19 44 86
鳥取 20 73
広島              
125 7 20 28 27 82 305

◎第16回中国連合畜産共進出品馬割当を下記のとおり変更方を共進会事務当局に申し入れることとした。

割当 兵庫 岡山 鳥取 島根 山口 広島
区当
出品馬頭数 2(3) 5(3−4) 5(5) 5(2) 5(4−5) 8(7−10) 30

(備考)かっこ内は割当数

 第16回中国連合畜産共進会規則案第3条中「種馬は明3才以上明6才までの登録された中間種」とあるを「明3才以上明5才まで」に改正の申入れをすることとした。

◎国有種牡馬の貸付について

 席上鳥取種畜牧彌屋技官より,本年度国有種牡馬の貸付割当数として,中国5県に各1頭あて計5頭を7月下旬に貸付される予定との説明があった。
 上について各県協議の結果本年度必要頭数は,鳥取2,島根3,岡山3,広島1,山口2,計11頭となり,5頭のみの貸付では現在振興の途にある中国馬産に一大暗影を投ずることになるので,上11頭の貸付方を農林省に要望することに決議した。