ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和27年9月号 > 畜産ニュース 牛が草を食べて中毒

畜産ニュース

牛が草を食べて中毒

 雑草を枯死させる除草薬2・4−Dは農家の人気を集め現在苫田,津山地方でも相当広範囲に使用されているが,8日苫田郡小田村上森原,入森勇さんが2・4−Dを撤布した田のアゼから,同剤の附着した草を,刈取直後6才の雄牛に与えたところ,たちまち危篤状態に陥ったと畜連津山支所に急報し手当の結果,快復はした。
 入森さんの話では牛は草を食うまでは極めて元気だった。2・4−Dで中毒を起したものと思うが人畜に無毒といわれる同剤がはたして有害かどうか,各地に大きな反響を呼んでいる。