ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和28年3月号 > 飼料作物に関する調査研究概要

飼料作物に関する調査研究概要

津山畜産農場

一.はしがき

 畜産経営の安定と合理化を図るためには斯界の現状に鑑み自給飼料の増産利用が最も重要なことであるのは言うを俟たない。このことに関しての調査研究は色色行われているが当場においても場内の飼料生産を行うかたわら自給飼料に関する調査研究を行っている。昭和25年度〜26年度のものについては昨年本誌1月号に掲載したが26年度〜27年度に行った成績の概要についてここに登載した。

二.調査研究事項

 この期に行った調査研究事項は次の通りである。
(一)青刈燕麦の播種期と収穫期及び収穫量との関係
(二)禾本科及び荳科の青刈飼料の混播と混作の収穫量比較
(三)青刈燕麦とコモンベッチの混播及び播種量の関係
 次にこの各々について述べることとする。

(表)

三.青刈燕麦の播種期と収穫期及び収穫量との関係

(一)目的
 青刈飼料の播種期は収穫期及び収穫量に及ぼす影響が極めて大である。又輪作培栽上にも必要なため燕麦についてこの調査を行った。
(二)用地
 場内圃場
(三)区画
 1区画10坪
(四)播種法
 条播
(五)播種量
 反当6升
(六)播種期
 昭和26年9月上旬〜12月上旬
(七)施用した肥料(反当)
 厩肥  300貫
 過石   3貫
 硫安   6貫
全量元肥として施し追肥は使用しない。
(八)収穫
 出穂期から開花期にかけて収穫しその成績は下表の如くである。
(九)考察
 以上の成績によって考察すれば次の通りである。
(イ)播種期が早ければ年内に出穂するから2回収穫ができる。遅いものは冬期に欠損株を生じ発芽も不良である。
(ロ)2回刈取を行えば冬期に欠損株を生ずる。
(ハ)播種期が早くても2回刈が出来ないものは冬期枯葉が出来て品質が不良となる。
(ニ)播種期が遅くても春期の出穂は播種期の早いものと大差ない。
(ホ)成績表の如く適期に播種することが必要であるが前作後作の関係等も考慮し9月中旬〜11月中旬がその成績が良好である。前作の関係で早く播種出来るものは9月上旬に播種すれば2回収穫が出来るので有利である。

△晩生種

区 分 第   1   回   刈   取 第   2   回   刈   取
播種期 収穫期 生育
期間
一条当
収 量
坪 当
収 量
反当一日
生 育 量
反当
収量
草丈 収穫期 生育
期間
一条当
収 量
坪 当
収 量
反当一日
生 育 量
反当
収量
草丈
  月日 月日 貫匁 貫匁 貫匁 貫匁 月日 貫匁 貫匁 貫匁 貫匁
1 9.1 11.19 70 4,600 920 3,940 276,000 2.5 5. 7 169 6,300 1,260 2,223 378,000 4.6
2 9.2 12.2 91 5,400 1,080 3,590 324,000 2.7 6. 7 169 5,500 1,100 2,000 330,000 4.2
3 9.3 5.24 236 15,800 3,160 4,010 948,000 5.2              
4 10.2 5.24 216 13,300 2,660 3,700 798,000 5.55              
5 10.3 5.24 206 13,050 2,610 3,800 783,000 4.85              
6 11.1 6.07 210 14,200 2,840 4,057 852,000 5.4              
7 11.2 6.07 200 10,000 2,000 3,000 600,000 4.5              
8 11.3 6.07 190 10,400 2,080 3,284 624,000 4.4              
9 12.1 6.07 180 6,200 1,240 2,070 372,000 4.25              

△早生種 

区 分 第   1   回   刈   取 第   2   回   刈   取
播種期 収穫期 生育
期間
一条当
収 量
坪 当
収 量
反当一日
生 育 量
反当
収量
草丈 収穫期 生育
期間
一条当
収 量
坪 当
収 量
反当
収量
反当一日
生 育 量
草丈
  月日 月日 貫匁 貫匁 貫匁 貫匁 月日 貫匁 貫匁 貫匁 貫匁
1 9.1 11.19 70 5,030 1,006 301,800 4,310 2.45 5. 7 160 5,600 1,120 336,000 2,100 3.95
2 9.2 12.2 91 5,600 1,120 336,000 3,692 2.15 6. 7 154 4,000 800 240,000 1,620  
3 9.3 4.3 213 9,500 1,900 570,000 2,676 4.2              
4 10.2 4.3 203 9,000 1,800 540,000 2,660 4.15              
5 10.3 4.3 193 6,900 1,580 474,000 2,456 3.73              
6 11.1 5.07 190 9,700 1,940 582,000 3,063 3.75              
7 11.2 5.07 181 7,900 1,580 474,000 2,618 3.4              
8 11.3 5.24 175 5,450 1,090 327,000 1,868 4.25              
9 12.1 5.24 165 3,450 690 207,000 1,254 3.75              

四.禾本科及び荳科の青刈飼料の混播と混作の収穫量比較

(一)目的
 農家の水田裏作を合理的に利用して飼料作物を栽培する目的をもって禾本科及び荳科の青刈飼料の混播及び混作の収穫の比較をなさんとするものである。
 混播は1回収穫とし混作は2回収穫とする。
(二)作付した作物の種類
 禾本科  青刈燕麦,ライ麦
 荳 科  コモンベッチ
(三)播種期
 9月上旬
 10月中旬
(四)播種量(反当)

区     分 混     播 混     作 単     作
禾本科 8 8 8
荳科 1.6 1.6 3

(五)播種法
 混播 荳科を禾本科の2割混入し9尺畦を作り撒播しその上を覆土を兼ね填圧しその上に厩肥を撒布する。
 混作 9尺畦を作り播種溝5条を作り禾本科を播種し中間に荳科を播種し覆土の後厩肥を全面的に撒布する。
(六)肥料(反当)

区   分 厩   肥 過   石 硫   安 摘     要
元肥 300 2 4  
追肥 200 2 厩肥は禾本科刈取後施用

(七)播種区画

混    播    区 混    作    区 対  照  区(単作)
区分 作物の名称 栽培
面積
播 種
年月日
区分 作物の名称 栽培
面積
播 種
年月日
区分 作物の名称 栽培
面積
播 種
年月日
    年 月 日     年 月 日     年 月 日
5区 青刈ライ麦
コモンベッチ
10 26. 9.20 1区 青刈ライ麦
コモンベッチ
10 26. 9.20 9区 青刈ライ麦 3 26. 9.20
6区 青刈燕麦
コモンベッチ
10 26. 9.20 2区 青刈燕麦
コモンベッチ
10 26. 9.20 10区 青刈燕麦 3 26. 9.20
7区 青刈ライ麦
コモンベッチ
10 26.10.17 3区 青刈ライ麦
コモンベッチ
10 26.10.17 11区 コモンベッチ 3 26. 9.20
8区 青刈燕麦
コモンベッチ
10 26.10.17 4区 青刈燕麦
コモンベッチ
10 26.10.17 12区 燕麦 3 26. 9.20

(八)収穫成績

区分 作   物 収穫
実収穫量
(10坪)
反当収穫量 草丈 作   物 収穫
実収穫量
(10坪)
反当収穫量 草丈 反当収穫
全  量
摘 要
月日 貫 匁 貫 匁 月日 貫 匁 貫 匁 貫 匁
1区 ライ麦 4.1 23,100 693,000 3.5 ライ麦 6. 7 16,300 489,000 6.0 1,182,000
コモンベッチ 5.0
2区 燕麦 4.1 18,000 540,000 2.65 燕麦 6. 7 17,400 524,000 4.7 1,064,000
コモンベッチ 4.3
3区 ライ麦 4.22 22,640 679,200 4.1 ライ麦 6. 7 13,700 411,000 5.1 1,090,200
コモンベッチ 5
4区 燕麦 4.22 27,080 812,400 2.7 燕麦 6. 7 14,600 438,000 3.7 1,250,400
コモンベッチ 5
5区 ライ麦 5.12 21,300 639,000 6.8           639,000
コモンベッチ 4.7
6区 燕麦 5.12 21,800 654,000 3.9           654,000
コモンベッチ 4.1
7区 ライ麦 5.12 22,800 684,000 6.7           684,000
コモンベッチ 4.5
8区 燕麦 5.12 35,600
(3坪)
1,068,000 4.2           1,068,000
コモンベッチ 4.15
9区 ライ麦 5.12 4,800 480,000 5.6           480,000
10区 燕麦 5.12 3,600 360,000 5           360,000
11区 コモンベッチ 5.12 4,950 495,000 3           495,000
12区 燕麦 5.12 5,600 560,000 2.9           560,000

(九)考察
 以上の成績により考えるに
(イ)混播区は撒播したが混作区と同播種量であったため余りに薄く雑草の叢生が大である。
(ロ)混播区において禾本科と荳科の収穫期の差が大であった。8区においては晩生種を使用したため良好であった。
(ハ)混作区においては第2回目刈取分が荳科のために多少不良の感があった。第1回刈取を少くし早目に行う必要がある。
(ニ)混作を実施すれば禾本科の収穫が2回可能なため有利である。
(ホ)反当収量も混播より混作が多いから集約栽培には混作が有利である。

五.青刈燕麦とコモンベッチの混播及び播種量について

(一)目的
 青刈飼料の播種量及び畦巾は青刈飼料の栽培上最も重要なことであるからこの調査を行った。
(二)用地
 場内圃場
(三)区画
 1区画10坪
(四)材料に供した作物
 燕麦(早生種),コモンベッチ混合
(五)播種期
 昭和26年10月26日
(六)播種法
 冬播にして畦巾2.0尺,1.5尺,1.0尺
(七)播種量(反当)
 6升,9升,12升
(八)混合割合
 荳科を禾本科の3割混入
(九)肥料
 厩肥300貫,過石5貫,硫安5貫を元肥として施し追肥は施用せず。
(十)整地
 前作は青刈玉蜀黍,青刈大豆で荒起後充分に整地を行い播種溝を作った。
(十一)管理
 1月中旬に1回中耕を行った。
(十二)収穫
 昭和27年5月12日

(十三)収穫成績

区分 反当播種量 畦巾 草丈 10坪当収量 反当収量 生育
期間
1日反当
成 育 量
順位 収穫
比較
摘     要
    貫   貫 貫 匁      
1 燕 麦 6 2 3.85 25,400 786,000 200 3,950 5 100
コモン 1.8 4.3
2 燕 麦 9 2 5.25 27,000 810,000 200 4,050 4 103
コモン 2.7 4.6
3 燕 麦 12 2 5.25 32,800 984,000 200 4,920 3 123
コモン 3.6 4.45
4 燕 麦 9 1.5 4.95 34,100 1,023,000 200 5,115 2 129
コモン 2.7 4.2
5 燕 麦 12 1 5.75 39,600 1,188,000 200 5,940 1 151
コモン 3.6 4.2

(十四)考察
 以上の成績によって考察すると次の如くである。
 (イ)荳科の発育繁茂は畦巾の広い方が良好である。
 (ロ)3区の如く畦巾の割に播種量が多い時は欠損株が出来播種量の割に収量が減ずる。
 (ハ)分蘖数は播種量の少い程良好である。
 (ニ)雑草は畦巾の広い程多い。
 (ホ)倒伏は畦巾の広い程少い。
 (ヘ)従って吾国の如き集約栽培においては土地の利用,輪作等の関係もあるが単位面積からの収量は反当播種量を多くして畦巾を狭くする程有利である。