ホーム岡山畜産便り > 復刻版 岡山畜産便り昭和28年5月号 > 畜産ニュース 西日本牧野改良協議会 岡山市で開催

畜産ニュース

西日本牧野改良協議会
岡山市で開催

 農林省主催の西日本牧野改良協議会は去る3月19日から3日間,岡山県立農業講習所で開かれ,山本畜産局有畜営農課長ほか中,四国,九州の関係者60余名が集り,関係各県の草生改良と飼料作物の更新などを協議した。なお山本課長は岡山県の畜産についてつぎのように語った。
 中国山脈の背りょう地帯を踏破してみて,牧草地の荒廃から本県畜産界の行詰りを直感した。飼料の現金買いと牧野を荒す掠奪農法をあらため,牛を飼う前に,まず草を作る農業に切りかえる必要がある。また水田地帯は禾本科とマメ科と根菜類の輪作経営方式をとりいれ,地力の増加と有畜化をはかり農業岡山の新しいゆき方をしてもらいたい。